中古トラック買取.jp > 中古トラックの基礎【目次】 > 日本の中古トラックは海外(発展途上国)で大人気!

日本の中古トラックは海外(発展途上国)で大人気!

日本の中古トラックは海外(開発途上国)で大人気!

 日本の中古トラックが海外、とくに開発途上国で高い人気を得ているのは「壊れにくくて安い」というのが最大の理由です。

これは中古トラックに限らず日本車すべてに共通する特徴ですが、とくに中古トラックの人気が高いことには日本のトラック事情、さらに中古トラック流通事情が背景にあります。

欧米のトラックは中型、大型が中心で、小型トラックは乗用車をベースにしたピックアップを製造しています。

これは欧米のモータリゼーションと道路事情によるもので、ピックアップは商用車というよりも個人が荷物を積むための車という位置づけです。

しかし日本は欧米に比べてモータリゼーションの発達が遅く、しかも道路事情が悪いことから荷物を積むための頑丈な小型、中型のトラックが必要となりました。

現在、日本の道路事情は良くなっていますが、開発途上国の道路事情が未発達当時の日本と似ていることから大型よりも頑丈な中型、小型トラックが求められています。

海外に進出した日本のトラックメーカー

 開発途上国の道路事情に日本の小型、中型トラックのニーズが高いことから日本のトラックメーカーは開発途上国に現地法人を作り、現地生産を行っています。

これが日本のトラックの知名度を上げることにつながりました。しかし高価な新車トラックの購買層は限られており、もっと安く日本の小型、中型トラックを求める声が多いことから、日本の中古トラックが注目を集めるようになりました。

頑丈に作られているので中古トラックでも十分に稼動でき、日本のように厳しい車検がない開発途上国に取って日本の中古トラックは多少、過走行や低年式でも高いニーズがあるのです。

開発途上国の中古トラック需要に対応したのが、日本の中古トラック買取査定業者です。

日本では過走行、低年式トラックは再犯率が悪く、廃車以外に用途はありませんでしたが、開発途上国へ輸出することで、これらの中古トラックでも利益を生み出す利用価値が生まれました。

さらに不動車、事故車なども中古トラックの部品取りとしてリサイクルが可能なことから買取が行われています。

中古トラック買取査定業者は独自の海外流通ルートを確保するかが大きな利益につながることから、東南アジアはもちろん、中東やアフリカ、南米などにも販路を切り開いています

かつては開発途上国との連絡網は良好とは言えませんでしたが、現在はインターネットによって現地のニーズに素早く対応できることも、日本の中古トラック人気を形付ける要因のひとつとなっています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!