中古トラック買取.jp > 中古トラックの基礎の目次ページ

中古トラックの基礎の目次ページ

中古トラックの基礎【目次】

 中古トラックとは新車の状態から所有者の名義登録が行われた段階、つまり新車にナンバープレートがつけられた車両の総称です。走行距離が極端に短くてもナンバープレートのついた車両はすべて中古トラック扱いになります。

こちらのページでは中古トラックの売却だけでなく、中古トラック全般に渡って基礎知識の解説をしています!

中古トラックは中古乗用車と違って過走行でも価値の下がり幅が少なく、とくに丈夫なディーゼルエンジンを搭載している中型、大型トラックならば30〜50万km程度は状態の良い車種の部類に入ります。

むしろ中古トラックでは定期的に整備されていて、架装が良い状態であることの方が重要視されます。

ガソリンや高速道路通行料金の高騰などから経費を押さえる意味でも中古トラックは需要が高まっています。売却するにしても購入するにしても、中古トラックの基礎知識をしっかり抑えておき、好条件の売買を行いましょう!

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!