4tトラックの中古トラック

4tトラックの中古トラック

 4tトラックとは基本的に最大積載量が4tのトラックを呼びます。かつて4tトラックは普通免許証で運転できる車種でしたが、1997年の道路交通法により、普通免許証は車両総重量5t未満、最大積載量3t未満に限定されました。

中型免許証は車両総重量5t以上11t未満、最大積載量は3t以上6.5t未満とされていますが、改正前に普通免許証を持っていた人は中型限定免許証となり、車両総重量8t未満、最大積載量5t未満のトラックを運転できます。

この免許証の区分によって、現在、販売されている4tトラックは最大積載量を4tとする小型トラックをベースにして、普通免許証で運転できる3t未満のトラックを販売しています。

トラックメーカーの販売方法、運転免許証の区分、道路交通法によって4tのカテゴリーがややこしくなっていますが、基本的に4t前後を最大積載量とするトラックは中型トラックとなります。

トラックメーカーは小型トラックとして販売している例が多いのですが、これは4tトラックのシャーシを減トンさせた仕様の車種を販売していることからで、メーカーが販売する中型トラックと呼称している車種は主に車両総重量6.5t以上の大型車のため、免許証は大型が必要になります。

中型免許証、または中型限定免許でいすゞのフォワードといった中型トラックに乗ると免許証の条件違反となるので注意してください。

活況を見せる4t中古トラック市場

 国内のトラック販売で、もっとも多い販売台数となっているのが4tトラックです。

架装の種類もダンプアルミバンなどポピュラーなタイプはトラックメーカーから販売されており、車載型クレーンセルフローダーなど架装メーカーによる販売も盛んに行われています。

したがって中古トラック市場にはさまざまな車種、架装、さらに年式や走行距離の車両が出回っていますが、中古の4tトラックはニーズが高いこともあって活発に流通しているため、スピーディな取引を行わないと購入希望の車種を手に入れにくい状況となっています。

活発な状況は販売だけでなく買い取りでも同様です。4tトラックは国内流通だけでなく開発途上国への輸出も盛んに行われているため、過走行や低年式、さらに廃車寸前の不動車や事故車でも中古トラック買取査定業者によって取引が行われています

国内では売却が難しいこれらの車種でも開発途上国では日本のような厳しい車検がなく、またパーツ類に関しても自国生産が行われていないので中古輸入に大きく依存しているので十分な利益が見込まれるのです。4tの中古トラックは国内だけでなく海外でも高い人気を維持しています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!