1tトラックの中古トラック

1tトラックの中古トラック

 一般的にトラックを2t車、4t車、10t車などと呼ぶ場合、この数値は最大積載量を表しています。ただしこれはシャーシベースの数値で、実際には架装やキャブ重量によって最大積載量が変わってきます。

たとえば2t車でもクレーンを架装すれば、その重量分だけ最大積載量から引かなければなりません。ここで言う1tトラックは最大積載量が1t程度、道路運送車両の保安基準による分類では小型トラックに属する車両のことです。

1tトラックには、主にトヨタ日産など乗用車メーカーが自社で販売する商用バンをベースにトラックへ改造した車種と、日野自動車いすゞといったトラックメーカーの小型トラックをOEMで1tに減トンして販売している車種があります。

たとえばトヨタで販売しているトラックにはタウンエースライトエースのトラックが前者、ダイナが後者の例です。

販売系列店が異なるバッジエンジニアリングのために名称は違っていますが、タウンエース、ライトエースともに同一車両で、ベースとなっているのはトヨタの小型ワゴン、ノアですがダイハツとトヨタが共同開発を行って小型トラックに特化、4代目となった現行車はダイハツのインドネシア生産拠点であるアストラ・ダイハツ・モーターから逆輸入という珍しいケースの小型トラックです。

普通免許証で乗れて取り回しが楽な1t車

 エンジンは乗用車に使われる1.5Lのガソリン仕様を流用、全幅は1675mmと小型乗用車並なのでトラックに慣れていない人でも乗用車感覚で安心して運転できる大きさです。

同じような商用バンをベースにしたトラックとしては日産のバネットトラック、三菱自動車のデリカトラックがありますが、これらはマツダが製造しているボンゴトラックのOEM供給となります。

普通免許証で乗れること、取り回しが乗用車感覚に近いことから誰でも乗れるトラックとして人気があり、個人商店や小規模工務店などに高い需要があるので中古トラック市場でも高値安定が見込まれている車種です。

過走行、低年式でも比較的値落ちが少なく、1996年式で走行距離4万km前後、車検なしのタウンエーストラック・ロング平ボディは80?90万円、1997年式で走行距離11万km前後、車検なしのボンゴトラック平ボディは60?70万円が販売の中心価格帯となっています。

トラックメーカーからOEM供給を受けている1t車はこれよりやや高く、1998年式で走行距離10万km前後、車検なしのトヨエース平ボディは130~140万円、1996年式で走行距離17万km前後、車検なしのアトラストラック平ボディは80~100万円が中心価格帯となっています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!