トラッククレーンの特徴

トラッククレーン

トラッククレーンの特徴

 トラッククレーンに明確な定義はなく、自走できるクレーン車を広い意味でトラッククレーンと呼ぶ場合もあれば、狭義でトラックシャーシを改造、荷台の変わりにクレーンと操縦席を設け、路面に安定性を高めるためのアウトリガーを装着したタイプだけをトラッククレーンと呼ぶ場合もあります。

ここでは主にトラックシャーシ改造タイプについて紹介します。

ベースとなるトラックは中型、大型でキャブはトラックのまま、シャーシを強化してクレーンと運転席を換装させています。

メリットはベースがトラックなので走行性能がトラックに近い状態を保てること、荷台のあるキャブバッククレーンよりもクレーン性能に特化しているので吊り上げ荷重を大きく取れ、クレーンブームも長くできるという点があります。

中型トラッククレーンでは吊り上げ荷重3t~5t未満が多いのですが、大型トラッククレーンになると吊り上げ荷重20tという強力な性能を持つ車種もあります。

ただし、クレーン性能に特化しているといっても、それはキャブバッククレーンと比較した場合のことで、構造上はトラックの換装に過ぎません。

自走できるラフテレーンクレーンオールテレーンクレーンの方が最初から構造をクレーン性能を基本としていることから作業現場でのニーズはこれらにシフト、トラッククレーンの需要は減っており、メーカーの多くはトラッククレーンの製造を終了しています。

アウトリガーの重要な役割

 アウトリガーは本来船舶用語で、船の安定性を保つために船体の横へ突き出した浮きの役目をする装具のことですが、現在は広く安定性を増すために側部へ突き出した装備の総称となっており、トラッククレーンにも安定性を増す装備としてアウトリガーがあります。

アウトリガーはトラッククレーンのキャブ後方と最後部左右、合計4ヶ所に装備されており、クレーンを作業する際、左右に張り出し、地盤に接地させることで吊り上げ荷重と車体の安定性を保つ機能を持っています。

このアウトリガーの張り出し幅はとても重要で、張り出し幅が少ないと吊り上げ荷重の性能を最大に発揮できないばかりか、バランスを崩して大きな事故を招くことがあります。

また張り出し幅は左右均等が条件で、作業状況によって止むを得ず左右不均等になる場合は短い張り出し幅を基準とする必要があり、地盤が柔らかい場合は接地させる前に整地しておくことも必要です。

このアウトリガー接地が不十分のままクレーン作業を行うと最悪の場合、車体ごと転倒するという事故に発展することもあるのでアウトリガーの接地には細心の注意が求められます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!