トラクターの特徴

トラクター

トラクターの特徴

 トラクターとは牽引車すべてに当てはまる用語で、トラックの場合、被牽引車となるトレーラーを牽引することからトレーラーヘッド、またはトラクター&トレーラーとも呼ばれます。

これに対してキャブとシャーシにボディを架装したトラックを単車とも呼びますが、単車のように荷台付きトレーラーヘッドもあり、これにトレーラーを連結する構造もあることから、トレーラーヘッドとトラクターの組み合わせをセミトラクター、ボディを架装したトレーラーヘッドとトレーラーの組み合わせをフルトラクターと名称して区別しています。

フルトレーラーは海外でよく見かけますが、日本では道路事情からセミトラクターが主流となっています。

トラクターのメリットはいろいろありますが、最大のポイントは単車よりも多くの荷物を運べることです。

トラクターが牽引するトレーラーは自走できませんが道交法では自動車扱いとなり登録ナンバーが与えられます。当然、車両総重量も決まっていますが、動力機関を持たない分だけトレーラーには多くの荷物が積めることになります。

また荷台とシャーシ、つまりトラクターとトレーラーを切り離せるということも大きなメリットで、フェリー輸送の場合、荷物の入ったコンテナだけを輸送基地からピストン運搬できるので荷役作業の短縮が行えるほか、トラクターが故障した際でも他のトラクターに切り替えが可能、また1台のトラクターでいろいろなトレーラーを牽引できるというメリットもあります。

トラクターのジャックナイフ現象

 トラクターとトレーラーはトラクター側のカプラ、トレーラー側のキングピンによって一点で連結されています。したがって単車と違い、トラクター側の切れ込み角度が大きくなるので小回りが効くという利点を持ちますが、逆にジャックナイフ現象という大きな事故につながるデメリットも発生します。

トラクターが急ブレーキ、急ハンドルをかけた際、トラクターは曲がろうとしてもトレーラーが直進しようとする作用で、最終的にはトラクターとトレーラーがくの字状態になって制御不可能になる状態のことで、折れ曲がった形態が飛び出し式のジャックナイフに似ていることから、ジャックナイフ現象と名称がつけられました。

トラクターの車両重量は約8t、トレーラーがフルに積載していると20t以上になります。

トレーラーにも制動力が備わっていますが、やはり急ブレーキ、急ハンドルによる荷重のベクトルはトラクターでは制御が効かないことからこのような現象が起きるのであり、トラクタードライバーがもっとも神経を使うのが、ジャックナイフ現象です。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!