チップダンプの特徴

チップダンプ

チップダンプの特徴

 チップダンプは荷台を傾斜させることができるトラックで、アオリが高く荷台容量が最大積載量÷1.6を超えているので土砂禁トラックの扱いになります。

荷台に土砂を乗せることが禁じられているトラックのなかでも主に木材を粉砕してチップ状にした荷物の運搬に限定している車湯をチップダンプと呼びます。

ウッドチップは荷物としての比重が軽く、軽量かさ物の部類に入るため、最大積載量を積む場合には荷台の容量を大きくする必要があります。

この容量を確保するためにアオリの高さはキャビンと同じになり、ウッドチップを雨から守る開閉式の天蓋がついた屋根付きのタイプもあります。

最大積載量は車両総重量によって変わってくるため、チップダンプのなかにはアオリを鋼鉄製からアルミ製に換装、車両総重量を減らして大型ダンプカーの最大積載量ギリギリまで積める車種もあります。

さらにアオリの開閉はボディを起点とするのではなくボディ上部を起点とすることで積載しているチップを一気に下ろせるようにするなど、作業の効率化を向上させる荷台が最近のチップダンプの特徴となっています。

チップトラックは4tから10t車、さらにコンテナを装着する12t車までありますが、木材をチップ状に加工するのは山土場、つまり木材を伐採するところとなるため、その現場の状況によって使い分けられています。

軽量かさ物のため、もっとも効率が良いのはコンテナ脱着式12tとなりますが、車幅や全長が長いので狭い現場である場合は4tのチップダンプが必要となります。

ウッドチップの利用方法

 山土場からチップトラックに積載されて運ばれるウッドチップの多くは製紙工場に運ばれますが、一般家庭でもウッドチップは園芸用を中心に利用されています。

庭の化粧用の他に雑草防止の役割も持っており、ウッドチップを敷き詰めると土壌表面に窒素飢餓を作り出して雑草の繁殖を防ぎます。

ウッドチップよりも細かいウッドダストは生ごみの分解に効果が高いことから一般家庭のみならず公共の生ごみ処理施設でも利用されており、さらに木材チップは燃焼させた時のダイオキシン発生量が少ないことから最近では企業や施設のバイオマスボイラーの燃料として需要が増えています。

家庭用の暖房器具としてもウッドチップを固めたペレットを燃料とするペレットストーブも普及してきました。

ウッドチップは燃やしてもカーボンニュートラルとして捉えられているので新たなCO2の発生とはみなされないことから、今後、さらに利用価値が高まると見られており、チップダンプの需要も以前より高まることが予想されています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!