セーフティローダーの特徴

セーフティローダー

セーフティローダーの特徴

 セーフティローダーとは主に車や重機を載せるトラックで、セルフローダがアウトリガでボディ全体を傾斜させることに対し、セーフティローダーはボディの荷台だけを傾斜、またはスライドさせて搭載することができることから、名称として区別されていますが厳格な総称の違いはありません。

なかにはセフテーローダと呼ぶ場合もありますが、この名称は架装メーカーである花見台自動車の登録商標です。小型クレーン車をユニックと呼ぶケースと同じですが、セーフティローダーを最初に開発したのが花見台自動車で、この登録商標が一般総称として普及しました。

花見台自動車の架装は車載をより安全に積降できることを目的として開発、そこから「セフテー」の名称がつけられているので、ここではセーフティローダーと統一して解説します。

セーフティローダーの種類は多く、サイズは小型から大型トラックまで、車種も一般的な乗用車から重機まで積載できるタイプがあります。

荷台だけを後方にスライドさせて傾斜、または荷台を完全にスライドさせるので傾斜角が少なく済み、セルフローダよりも安全に積載できることが大きな特徴です。

ただし、スライドさせる荷台のスペースが必要になるという、アウトリガで車体を持ち上げるセルフローダにはないデメリットも生じます。

セーフティローダーにリアゲートがない理由

 ほとんどのセーフティーローダーには左右のアオリ板やリアゲートがついておらず、フラットな荷台の装備となっています。この理由は荷台に積載する荷物が車両に限定されていることが理由で、車両専用車としての登録となり、逆に車、あるいは重機以外の荷物を載せることができません。

車、重機以外の荷物を積む場合がある車種は一般用という登録になり、荷台の構造が変わってきます。

車載専用車は他の荷物が積めないように、荷台中央に小さな穴を開けるなど特徴を持っていますが、一般用ともっとも違う点はリアオーバーハングの長さです。

一般用は道路運送車両の規定でホイールベースの1/2と決められていますが、車載専用車の場合、2/3までの延長が許可されているので一般用に収まらないホイールベースの長い車種でも積載することができるのです。

さらに車体全体の長さから1/10を超えない範囲で突出させることも可能なので、リアゲートはない方が全体の長い車種でも荷台からはみ出させて積載できるようになります。

もちろん、リアゲートや両サイドのアオリがなくなれば車両総重量も軽くなって最大積載量を余分に取れるというメリットも発生します。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!