ラフテレーンクレーンの特徴

ラフテレーンクレーン

ラフテレーンクレーンの特徴

 ラフテレーンクレーンはホイールクレーンの一種、つまりゴムタイヤを履いた車体とクレーンを装備した上部旋回体のある車種です。

一部の大型ラフテレーンクレーンを除いて公道を走行できることが特徴で、クレーンと走行はひとつの運転席で操作できる仕組みになっています。

吊り上げ荷重は小型の場合は2~10t、大型になると70tまで可能ですが、一般的に多く使われているのは25tクラスです。

タイヤは主に2軸4輪ですが、全輪駆動、全輪操舵となっており、一般道を走る時は普通自動車のように前輪だけを進行方向に向け、小回りを行いたい時は前輪と後輪を逆に向けることもでき、さらに狭い場所へ進入する時は前輪と後輪を同じ方向にすることでカニ足走行ができるという特性があります。

クレーンのジブ(またはアーム、ブーム)は油圧でテレスコピック機能(重なり合った筒形状が伸び縮みする構造、ラジオのアンテナのようなものです)を持っており、最大40mまで伸びるタイプもありますが、これを縮めると6~10m程度に収まるので公道を走ることが可能になります。

ただし、急ブレーキをかけると車重が重いことから前のめりになりやすく、ジブ先端が路面に接地すると横転の危険性があるため、ラフテレーンクレーンの最高速度は49m/hに抑えられています。

ラフテレーンクレーンの危険性

 ラフテレーンクレーンは自走できるので搬送する必要がないうえ、クレーン機能に特化しているので同サイズのトラッククレーンよりも吊り上げ能力で優位に立ち、さらに作業現場では機敏性もあるので現在ではトラッククレーンを抜く登録台数となるほど人気の高い重機ですが、その反面、移動式クレーン車における事故率の高い重機でもあります。

ラフテレーンクレーンは現場で作業を行う際はアウトリガを張り出し、地面に接地させて十分な足場を作る必要があります。

その際、地盤が緩い場合は敷鉄板を敷いて、その上にアウトリガを乗せるようにしなければなりません。

しかしアウトリガの広げる幅が十分でなかったり、敷鉄板を接地しなかったり、あるいは敷鉄板からアウトリガがずれるなどの状況に陥ると吊り下げている資材の重さによっては横転する可能性が発生します。

ラフテレーンクレーンは狭い場所でも活動できる移動式クレーンとして需要の高さを誇っていますが、この狭い場所で横転すると逆に被害が大きく、電線を切る、家屋やビルにクレーンが倒れる、道路を走る車両を押しつぶす、あるいは道路を塞ぐなどの重大な事故に結びついてしまいます。

ラフテレーンクレーンの操作はほとんどの場合、走行からクレーン操作まで1人で行うので、高いスキルが必要とされています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!