パネルバンの特徴

パネルバン

パネルバンの特徴

 トラックの場合、パネルバンはアルミバンと同じくボディをアルミ製のボックス形状にした車種を言いますが、運転席と荷室がつながっているワゴンタイプの商用車の場合、荷室の窓を取り除いてボディ一体型としている車種もパネルバンと呼ぶことがあります。

パネルバンのメリットはボディのボックスに体積の大きい荷物を多く積載できることで、その分、車体が大きくなります。

普通自動車免許証で乗ることができる2t車でも全長は5m近くになり、10t車になると荷台だけで9m以上、全長は11m以上、さらに全高は3.5m以上も珍しくありません。

また車体が大きくなるほど車両総重量を低くして最大積載量を増やすため、10t車で全6輪でも車軸は1軸のワンデフ構造を取っています。それだけに運転にはスキルが必要となり、車両の大きさを感覚的に捉える技術と同時に、後方や側面など死角に対する高い注意力が要求されます。

パネルバンはトラックのなかでも平ボディ(カーゴ)と並んで需要の多い車種のため、各メーカーとも販売に力を注いでおり、小型から大型トラックまで用意、また軽自動車メーカーも平ボディのトラックにアルミボディを架装したパネルバンを販売しています。

ボディ高を下げられるリンボーバン

 パネルバンは雨水や日光、大気の汚れなどから荷物を保護、さらに体積の大きい荷物を大量に運べるトラックの定番的車種ですが、ボディ(荷台)が高いことから商店街や屋内の集荷プラットフォーム、さらに引っ越しの際の私有地などに進入できないことがあります。そんな時に役立つのがリンボーバンです。

これはボディの高さをキャブサイズまで下げられる機能を持つパネルバンのことで、構造は弁当箱のようになっており、蓋の部分を持ち上げてボディ内部の容積を増やし、ボディ上部が障害となる場所では蓋をきっちり閉めて容積を減らすという仕組みになっています。

新潟にある架装メーカー、北村製作所が最初に作ったといわれ、リンボーバンは同社の登録商標になっています。ちなみに名前の由来は水平に置かれた棒に身体を触れさせないよう、くぐり抜けるリンボーダンスから取られたといいます。

リンボーバンはボディに蓋部分の段差があるので外観を見ただけで判別できます。利用する企業は決まったルートを配送する運送業者よりも、引っ越しや宅配便などアクティブにルートが変わる業者が多く、配達先の軒が低い、途中で電線の低いところがあるといった場合に活躍します。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!