オープントップの特徴

オープントップ

オープントップの特徴

 オープントップとはルーフが開閉できる状態のことで、トラックではアルミバンの上部を骨組みのある幌で覆った車種を指します。深アオリやファームダンプでもボディがアルミ製で幌を取り付ければ当然、オープントップとなります。

アルミバンとの大きな違いはルーフを開閉できるため、クレーンやパワーシャベルなど重機を使って積載する荷物をルーフから入れられることです。

軽量嵩物の積載に適しており、ウッドチップや肥料などを積載するタイプはキャビンよりも高いアオリとなっていることが一般的で、走行中は空気抵抗が増えて燃費が悪くなることから中型のオープントップでもキャビン上部に整流板を備えることが一般的となっています。

またオープントップはより多くの軽量嵩物を運搬するため、家具の配送にも使われています。家具は収納するための空間が多いので、一般的な運送業では見た目以上に軽量嵩物として扱われています。

また軽量嵩物を運搬することが多いオープントップなので車両総重量4t以下、最大積載量2t以下でも荷台長だけで8m、キャビン部を入れると10mを超す車種も多いのですが、シャーシは4t車のままなので4×2、つまり前2輪、後2輪のワンデフ車となり、リアのオーバーハングが極端に長くなることから運転には十分な注意が必要とされる車種です。

オープントップの最大安定傾斜角度

 トラックの全高は道路運送車両法の保安基準で、普通トラック(中型及び大型)は3.8m以下、小型トラックは2m以下と定められていますが、この高さならどの車種でも構わないというわけではなく、別に最大安定傾斜角度が定められています。

これは空荷状態、空車状態で左右35度まで傾けても転覆しないことが保安基準なので、当然、この基準をクリアするための架装が設計されます。

ボディの架装を全高の規定ギリギリまで高くした場合、重心位置が高くなるので、たとえ軽量のアルミでも全長のサイズによっては重量がさらに増えて基準をクリアできない可能性が出てきます。

そこでオープントップの出番となります。アルミ製のルーフを取り除くことでもっとも重心位置の高い重量を減らすことができるので、その分、全高を基準ギリギリまで高めることができるのです。

中型トラックでも全高3.8mを確保しているオープントップがあり、軽量嵩物を積載するので荷台を長くすることもできます。

全体のボディサイズはもはや中型トラックとは呼べず、大型トラックを凌ぐサイズまでありますが、平面席が広いだけに横風による抵抗も受けやすく、経験値の少ないドライバーが事故を招きやすいのも、じつはオープントップなのです。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!