重機運搬車の特徴

重機運搬車

重機運搬車の特徴

 建設現場、土木工事、解体作業などにパワーシャベルやブルドーザー、その他の重機は欠かせない存在ですが、重機がそれぞれの持つ機能に特化するほど、公道の自走は不適合になっていきます。

走行するための機能よりも作業するための能力が優れているので公道を走るためには多くの燃料を使い、渋滞を招き、道路も傷めます。

したがって重機は保管場所から現場まで搬送した方が効果的であることから重機専門の運搬車が生まれました。

重機運搬車は別名、回送車とも呼ばれ、さまざまな種類とサイズがあります。一般的にセルフローダーと呼ばれる重機運搬車は車両全体を持ち上げるアウトリガを装備しており、車体全体を傾斜させて荷台に重機を進入、後退させる車種です。

このセルフローダーと近いタイプがヒップリフターで、後輪より後ろ、荷台のリアオーバーハング部分だけを下げて傾斜、接地させ、セルフローダーと同じように重機が自走して荷台に乗ります。

セーフティーローダーは前述2車種よりも構造が複雑になっており、荷台をスライドさせて傾斜、または荷台をシャーシから完全に分離させてスライド、荷台をフラットのまま接地させます。

積載の際の安全性が高いことからセーフティの名称がつけられましたが、反面、構造が複雑になり、荷台操作のための装置が増えることから最大積載量が減るというデメリットもあります。

一般的に定められている重機運搬車の車両総重量は最大25tまでとなっていますが、重機のなかには20tを超す特殊な機械もあることから、一般制限値を超える特殊車両は通行時間や誘導車の配置など細かな規定が定められた通行許可条件が付帯されます。

重機運搬車が乗せる重機の重さとは?

 重機にもパワーショベルやブルドーザーなどいろいろな種類があり、サイズもさまざまです。

たとえば重機メーカーであるKOMATSUでは車体重量300kgというミニショベルやブルドーザー機能を備えた車体重量約1tのパワーショベルもあり、これらならば小型トラックでも重機運搬車として活用可能になります。

ただし本格的なパワーショベルとなるといきなり車体重量が16tを超えるので重機運搬車も大型トラックのシャーシを使用していなければ積載不可能となります。

ちなみに汎用パワーショベルのなかで最大級はブームだけで13t、走行機能部分だけで16.6t、車体総重量が60tという巨大なサイズもあります。

これだけ重量のあるパワーショベルの運搬になると一般規制値をはるかに超えているため、道路法の走行許可を得た特殊重機運搬車が必要となります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!