ジェットパッカー車の特徴

ジェットパッカー車

ジェットパッカー車の特徴

 ジェットパッカー車とは粉粒体運搬車のことで、ホッパー車、パルク車、パルクローリーなどと呼ばれています。

ジェットパッカーの名前は極東開発工業が開発したジェットパックに由来するもので、小型トラックに架装されたクレーン車をユニックと呼ぶように、製品名が一般名詞化したものです。

粉粒体とは簡単に言えば砂や粒が集まった総称で、代表的な例では砂がありますが、粉粒体運搬車の場合、土砂は積載せず、セメントや炭酸カルシウム、石灰などの鉱山物からポリスチレンや塩化ビニル等の化学合成樹脂ペレット、さらに家畜の飼料といった原料を運ぶために作られています。

これら粉粒体は深アオリダンプによっても運ばれますが、ジェットパッカーの大きな特徴は粉粒体に空気を送って圧縮、流動体にして排出しやすくしていることです。

積載する粉粒体によってボディ形状は若干、違ってきますが、ほとんどのボディはセミトレーラ形状で密閉されたタンク状態になっており、タンク上部のマンホールから粉粒体を搬入、密閉後、タンク下部から空気を入れることによって粉粒体と空気が混合状態となり流動化、タンク内の圧力が高まります。

排出の際はタンク内の圧力が高いので、ダンプカーのように重量排出ではなく高い場所でも空気圧力によって排出することが可能となっています。

極東開発工業のジェットパッカー車

 粉粒体運搬車としてはトップクラスのシェアを誇っているのが極東開発工業で、ここのジェットパックという粉粒体運搬方式の登録商標がそのまま粉瘤運搬車の一般名称になりました。

極東開発工業ではいろいろなタイプのボディを製造しており、サイズもセミトレーラだけでなく、より大量の運搬を可能にするフルトレーラまで用意されています。

タンク内に空気を送り込む方式は一般的に多槽式排出タイプのエアレーションブロー式が採用されていますが、極東開発工業ではこの方式に加え、エアスライド方式を採用している機種もあります。

このエアスライド方式は一室傾胴型タンク底部にエアスライドキャンパスという布状を設置、この縫い目から吹き出す空気によって粉粒体を流動させる仕組みで、タンク底部は漏斗の底のような状態になっているので粉粒体の残留が少なく済むという利点を持っています。

バラセメントやフライアッシュ(火力発電所で燃焼後に残る杯のこと)など粉体で流動性の高い積載物の排出に強い効果を発揮します。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!