幌ウイングの特徴

幌ウイングの特徴

 幌ウイングとは幌をアルミウイングのように左右側面が幌上部中央を支点にして開くことができるトラックのことです。

幌車は骨組みを平ボディ荷台に設置しますが、幌ウイングはキャブ後方とボディ最後部のフラットアルミが荷台と設置しており、骨組みは架装側に組まれています。

したがって幌ウイング側面を開けばアルミウイング同様、広い荷台で荷役作業を行うことができます

幌の素材、帆布は丈夫なキャンバス地、または防水加工されたポリエステル製が用いられ、骨組みには軽量のアルミが使用されています。

アルミウイングよりもボディを軽量にできることから車両総重量を減らし、最大積載量を増やせることから軽トラックだけでなく小型から大型トラックまで需要があり、アルミウイングと並んで一般運送業を中心に活躍している車種です。

幌ウイングは特殊なボディのため、各トラックメーカーでは販売しておらず。専用の架装メーカーによる製造となりますが、軽トラックならばキットも用意されており、追加のボルト穴などを開ける必要もなく、平ボディに簡単な工具さえあれば取り付けることが可能です。軽トラックの幌ウイングは安価ということもあって移動式店舗にも多用されています。

幌ウイングの開閉方法

 幌ウイングの開閉方式は油圧式手動式があります。軽トラックの幌ウイングは軽量なのでほとんどが手動式ですが、中型、大型トラックになるとアルミに比べて軽量とはいえ、人の手による作業では十分に重いので油圧式が一般的に採用されています。

しかし架装メーカーのなかには、油圧式を使えばそれだけ車両重量が重くなることから、とくに最大積載量を多くしたい4t中型トラックにはスプリングを用いて手動式幌ウイングを製造しているところもあります。

側面を閉じる時はロープで縛っておき、ロープを外すとスプリングの作用で側面を跳ね上げる仕組みとなっていますが、じつはこのスプリング、スチール製なので定期的なメンテナンスを行わないとサビてしまい、スプリング機能が低下してしまいます。

錆びたスプリングの手動式は運転手泣かせで、本来、ロープを解くだけのワンタッチという触れ込みですが、途中までしか上がらない側面ウイングを荷台に乗って押し上げるような格好になり、運転手仲間ではサビたスプリングの幌ウイングを「腰砕きウイング」と囁いています。

中古車で中型トラックの幌ウイング手動式を購入する際は、必ず側面がワンタッチで跳ね上がることを確認してください。スプリングが満足に機能していないと運転以外のところで腰を痛める結果になります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!