ハイリフトトラクターの特徴

ハイリフトトラクター

ハイリフトトラクターの特徴

 ハイリフトトラクターとはトラクターのカプラがアームによって持ち上がる構造を持つトラックで、トレーラー側を傾斜させる機能を持ちます。

この機能によりトレーラー内にある荷物を人手ではなく重力による自然排出が大量に行えるため、穀物や肥料、飼料などいわゆるバラ物の運搬、また土砂や廃棄物の運搬に適しています。

ハイリフトトラクターがトレーラーを傾斜させられる角度は41〜45度、最後尾車軸を中心にリフトアップさせる方式で、トレーラー最前部の高さは5〜6mまで上がります。

動力はトラクター側のエンジンから抽出しますが、リフトアップした状態のまま公道を走ることはできません。

ハイリフトトラクターが活躍するのは主に輸送基地と港湾内の往復ですが、リフトを下ろした時の状態は一般的なトラクターと変わらないのでトラクターのなかでも需要の多い車種ですが、その分、価格も高くなりメンテナンスの頻度が多くなります。

一般的なハイリフトトラクターはリフトのアームの長さが決まっているのでトレーラーが長くなるほど傾斜角は緩やかになります。

このため、公道を走れるハイリフトトラクターが牽引するトレーラーは20フィートが標準ですが、公道ではなく作業構内専用になるとトレーラーも長く設定できることから全長40フィートの海上コンテナを搭載できるトレーラーがあります。

この長尺コンテナを傾斜させるハイリフトトラクターはリフトアップ機能が大幅に変更されており、最大45度、トレーラー前方を約8.3mまで持ち上げる構内専用車種もあります。

第5輪荷重の意味

 トラクター&トレーラーの連結部分を第5輪と呼びます。けっして5番目の車輪という意味ではなく、接地しているタイヤ以外に荷重がかかる場所という概念的な呼び名(当事者以外を第三者と呼ぶように)で、まだ車がエンジンではなく馬を動力としていた時代からの英語(Fifth wheel coupling)が直訳された用語となっています。

トラクター側のカプラ、トレーラー側のキングピンを連結させると、当然、トレーラー側の荷重の一部が連結部分にかかるため、この第5輪荷重は規定で定められており、一般的なセミトラクターは9.5t、海上コンテナは11.5tが標準となっています。

この第5輪荷重、規定がそのままトレーラーの最大積載量になるわけではありません。

車軸にも荷重が決められているので、たとえばトラクターが2軸4輪の場合、1軸当たり10tまで荷重がかけられることを含めて計算すると、第5荷重が9.5tならば単純に29.5tまで牽引が可能ということになります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!