ダンプローダーの特徴

ダンプローダー

ダンプローダーの特徴

 トラックの種類にはアウトリガを接地させて車体を持ち上げ、荷台を後方にスライドさせるセーフティーローダーという車種がありますが、ダンプローダーはこのセーフティーローダーの荷台後方スライドとダンプカーの荷台傾斜機能を併せ持った車種です。

キャビンとシャーシはタイヤで接地させたままの状態にしておき、荷台だけをダンプ機能で傾斜させ、さらにローダー機能でスライドさせて荷台を地面に接地させることができます。

セーフティーローダーは一般車両の運送に使われることが多い車種で、ダンプローダーはどちらかというと、工事や土木現場で使われる小型重機の搬送に使われるケースが目立ちます。

小型重機は自走できないので現場まで運ぶ必要がありますが、現場で土砂を運ぶ際、セーフティーローダーでは役に立ちません。

そこでセーフティーローダーの機能を持ったダンプカーが必要になってくるわけです。

ただし、ダンプカーの機能にスライド機能が加わるので車両総重量が増え、結果的に最大積載量が少なくなります。

最大積載量4tの普通免許証で乗車できる小型トラックの場合、3.2~3.7t程度になり、7tの中型トラックロングシャーシでも最大積載量は4.5~6tまで落ちます。

ダンプローダーを運転する際は車検証の最大積載量を調べ、過積載に注意してください。

ダンプローダーの装備

 ダンプローダーは三菱ふそうやいすゞといった車両メーカーによって製造されるのではなく、それらの車両を使って架装メーカーが製造します。

したがって架装メーカーの仕様によって装備は異なってきます。

キャブバック型クレーン付きトラックでは古川ユニックが圧倒的なシェアを誇っていましたが、ダンプ系では新明和工業が強く、ダンプローダーでもトップシェアを誇っています。

新明和工業のダンプローダーは小型トラックにシングルアクションスライドを採用していることが特徴で、機動性を重視して荷台をリフトアップせずにスムーズなスライドを行い、短時間で積載している荷物を下ろすことができます。

また作動後の荷台後端高さは標準キャブで250mmと最小限に押さえ、坂道兼用ゲートを標準装備しているので小型重機を容易に荷台へ移動させることができます。

小型トラックの場合、全低床ダンプシャーシに架装するため事前のシャーシ補強を不要としています。

現在、所有している全低床ダンプからの架装も簡単に行えるうえ、荷台全般に防錆効果に優れた電着カチオン塗装で下地処理を施している点も錆びやすいダンプカーを利用する側には嬉しい装備といえます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!