アルミブロックの特徴

アルミブロック

平ボディ・アルミブロックの特徴

 平ボディのアオリ部分はボディと同じ鋼鉄製ですが、このアオリをアルミ製に換装したのがアルミブロックです。

メリットは鋼鉄に比べて軽量であること、耐蝕性が優れていること、汚れを簡単に掃除できること、アルミブロックを積み重ねることによって荷台に深さが取れるので積載量を増やせること、などがあります。

トラックの最大積載重量はトラック車両総重量から車両重量を引いた値になります。トラックの車両総重量は車体構造から規定されており、4tトラックといえば車両総重量が4tという意味です。

したがって4tから車両重量を引いた値が最大積載重量となり、概ね2tとなっています。

そこで平ボディの場合、アオリ部分をアルミ製に換装すれば一般的な鋼鉄製に比べて35~40%の重量軽減になるので車両重量全体が下がり、最大積載重量を増やすことができるのです。

単品の荷物の重量はそれほど重くないけれど複数個載せるために荷台の深さが必要である、といった状況には最適なボディとなりますが、逆に単品を載せることが多く、しかも単品重量が大きい場合はそれほどメリットがなく、アルミ製なので傷もつきやすいというデメリットがあります。

一般雑貨や家具などには向いていますが、砂利や石などの運搬には適していません。

アルミブロックの必需品セイコーラック

 アルミブロックはアルミ製レールを積み重ねた構造のため、高さを調整できますが小型トラックならともかく、中型、大型トラックになるとアルミ製とはいえ、重量も増えて開閉には多大な労力を要します。

この開閉を少ない労力で行える装置がセイコーラックです。

正式にはあおり開閉補助装置といいますが、この装置を作っているのが自動車精工という会社で、ほぼ独占状態のため商品名であるセイコーラックが代名詞として使われるようになりました。

小型から大型までの平ボディ・アルミブロックに対応したモデルがあり、最長12mのあおりにも使うことができます。

構造はあおりを蝶番中心に回転させた時、内部のスプリングで発生した力をリンクで伝え、あおりの倒れる力とバランスさせることで操作力を軽減するというもので、平ボディ下部とあおり下部に取り付けるだけで簡単に操作できます。

素材はアルミ製なのでアルミブロックのあおり部分を傷つけることもありませんし、耐錆性にも優れているのでアルミブロックに換装する際はセイコーラックも一緒に取り付けることをお勧めします。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!