オールテレーンクレーンの特徴

オールテレーンクレーンの特徴

 オールテレーンクレーンとは、3軸6輪以上のゴムタイヤを履いた専用車体にクレーン機能を持つ上部旋回体を装備した車種のことです。

走行操舵とクレーン操舵の運転席は別々になっており、トラッククレーンと似た構造のために同カテゴリーに分類されることもありますが、駆動輪の数が多く、また必要に応じて駆動輪と操舵輪、軸輪を進行方向に向けるとカニ足のように横方向に進むことが可能なので小回りを必要とする作業現場で活躍しています。

オールテレーンクレーンは大型重機に分類されますが、同じく大型重機にはクローラークレーンがあります。吊り上げ荷重はクローラーの方が有利ですが、クローラーはむしろ不整地での作業に向いており、舗装路での現場には向いていません。

同じくゴムタイヤのクレーン専用車にはラフテレーンクレーンがあり、作業現場での機敏性はこちらの方が有利ですが、つり上げ荷重においてはオールテレーンクレーンの方が優位にあります。

オールテレーンクレーンはクローラークレーン並の吊り上げ荷重を持ちながらラフテレーンクレーンと同じく現場で小回りが効き、さらに舗装路を傷めないという、両方の長所を取り入れたクレーン専用車といえます。

1980年代より海外で一般化され、日本においても海外メーカーが市場を占有していましたが、現在はTADANOや加藤製作所、日立住友重機械建機クレーンなど国産メーカーの製造によるオールテレーンクレーンが活躍しています。

クレーンのたわみにおける安全性

 クレーンは高さを伸ばすブームと横方向へ伸ばすジブの2つで構成されています(正式名称は主ジブと補助ジブ)。

これに上部旋回体を加えることによって吊り下げた資材を自在に運ぶことができるのですが、最近は高張力鋼の開発が進んでクレーン専用車も軽量化が進み、合わせてクレーンの長尺化が顕著になってきています。

たとえばTADANOのAR-5500M−ESPは吊り上げ荷重300tという大型オールテレーンクレーンですが、最大地上揚程(ジブ先端のフックやバケットなど吊具を地上から最大の高さまで上げられる機能のことで、ジブの長さだけでなく傾斜角も計算に入れます)は59.5mとなっています。

地上から約60mまで300tの資材を持ち上げることができるのですから、当然、ジブはそれ以上の長さになりますが、吊具の資材がジブ根本より遠ざかるほど、ゆがみが発生して吊り荷が揺れ、安全面で問題が生じます。

各メーカーともジブの長尺化によるたわみ防御の安全機能を設けており、TADANOでは「リフトアジャスタ」と「リリースアジャスタ」によって、たわみを自動制御するシステムを取っています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!