三菱ふそう・キャンターガッツの特徴・スペック

写真 概要 詳細
三菱ふそう・キャンターガッツ メーカー 三菱ふそう
車名 キャンターガッツ
形状 平ボディその他
最大積載量 1500kg
< 主要スペック >
荷台長(内寸) 荷台幅(内寸) 荷台高(内寸) ミッション
3100mm 1620mm 380mm 6速AMT・5速MT
排気量 パワー 使用燃料 重量車モード燃費値
3000cc 110馬力 ディーゼル 11.0km/L

三菱ふそう キャンターガッツの特徴

 三菱ふそうのキャンターは小型トラックの商標で、キャンターガッツは積載重量1.5t専用に開発された車種です。

1985年まで販売されていた4代目では積載重量に合わせてキャンター30、20、15と呼ばれていましたが、5代目よりニッサンからアトラスF24 のOEM供給を受け、キャンターガッツの名称で販売されています。

普通免許証取得者の乗る機会が多い1.5tタイプなので、ドライバーが運転しやすい設計になっていることが大きな特徴です。

ほとんどスクエアなキャビンはドライバーの操作性と作業効率を中心に考えられています。

運転席にはシートスライド&リクライニング機能、ステアリングには前後・上下に位置調整できるチルト&テレスコピック機能を設けてドライバーが最適なポジションで運転できるように配慮、広々とした足元は運転席と助手席の移動性向上を確保しています。

助手席中央のシートは座面下が筆記用具専用スペースのある大型収納ボックス、背もたれ裏側がトレイ式になっているので前倒させると簡易デスク代わりに使うことができます。

収納スペースは多彩で、運転席アッパートレイにはA4サイズのバインダーが格納可能、運転席カップホルダーはエアコン送風による保冷機能付き、背面マルチボックスには傘や懐中電灯、2Lペットボトルなど大きめの常備品が収納できます。

三菱ふそう キャンターガッツのトランスミッション

 キャンターガッツには一般的な5速マニュアルの他に、6速オートマチックメカニカルトランスミッションが設定されています。

マニュアルミッションの操作を電子制御化したトランスミッションで、オートマチックと同じように操作できるため、オートマチック車限定免許証でも運転できるメリットがあります。

この6速AMTはヨーロッパの車種に見られるデュアルクラッチと同じで、ブレーキとアクセルの2ペダルで操作できます。

Dレンジに入れておけばオートマチックのようにアクセル操作だけで加速、変速が可能で、マニュアルモードに入れておけばシフトレバー操作によって任意の変速ができます。

オートマチックとの違いはトルクコンバーターを介していないことからマニュアル車のように燃費がよく、さらにシフトチェンジが素早く行えるという利点を持っています。

この6速AMTにはEHS(イージーヒルスタート:坂道発進補助装置)がついており、オートマチック車のように坂道でブレーキから足を離してアクセルペダルを踏む場合、

適切なタイミングでブレーキ保持を解除してくれるので荷物を積んだ状態でも容易な坂道発進ができます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!