三菱ふそう・グレートの特徴・スペック

写真 概要 詳細
三菱ふそう・グレート メーカー 三菱ふそう
車名 ザ・グレート
形状 平ボディその他
最大積載量 6500kg以上
< 主要スペック >
荷台長(内寸) 荷台幅(内寸) 荷台高(内寸) ミッション
- - - 6速マニュアル
排気量 パワー 使用燃料 エンジン形態
11000cc以上 225馬力以上 軽油 直6ICT~V10

三菱ふそう ザ・グレートの特徴

 三菱ふそうは1983年まで大型トラックはFシリーズと呼んでいましたが、同年のフルモデルチェンジでザ・グレートと変更、大型トラックの商標は以後、このグレートが使われるようになり、1996年に発売された現行車のスーパーグレートに引き継がれています。

三菱ふそうの中型トラックであるファイターや小型トラックのキャンターは、ザ・グレートのデザインコンセプトを基本としています。

大型トラックは長距離の荷物の輸送からコンテナの配送、さらに土砂を積むダンプなど用途が広いことから、これらの用途に対応するため、豊富なラインナップが用意されました。

一般的なFP(前後1軸・4×2)からFS(前後2軸・8×4)、さらにセミトラクター(トレーラーヘッドとも呼ばれるボディのない車種)にもFV-R(前1軸後2軸・6×4)、除雪車用にはFX(8×8)という8輪駆動車まで設定されていました。

搭載されていたエンジンも用途に合わせて豊富に揃えられており、20000cc直列6気筒のインタークーラー付きターボチャージャーモデルからV!0気筒25000cc、最高出力480PSのハイパワーモデルも用意されていました。

1996年にスーパーグレートへフルモデルチェンジを行っていますが、ザ・グレートは2001年まで構内専用車として生産、またインドネシアでは現在も生産され続けています。

三菱ふそう ザ・グレートの中古車買取・販売価格

 大型トラックを新車で購入する場合、ボディの換装にもよりますがスーパーカー並の価格になってしまいます。

一例を上げるとザ・グレートの後継で現行車のスーパーグレートで350PSの25t車は約1695万円となっています。

したがって中古の大型トラックは需要が高く、多少の低年式、過走行車でも高い買取査定が期待できます。

とくにザ・グレートは大型トラックとして定評を集めた車種だけに中古トラック市場に出てもすぐに売却される人気を持っており、トラック専門の買取業者も積極的に高値をつける傾向にあります。

一例では1996年登録モデルで走行距離35万kmの深ダンプV8エンジン搭載車に350万円の買取価格がついていますし、1994年登録モデルで走行距離わずか12.5kmの平ボディ車には420万円という買取例もあります。

中古トラックはボディ換装や状態など車種別の違いが大きいので一概に相場を出すことはできませんが、今後、東京オリンピック関連の公共事業が増えることから大型トラックの需要も連動すると言われており、買取価格が現状より減額することは当分ありません

走行距離100万km超えでも買取業者はディーラーの下取よりも高額の買取価格を提示するので、売却・処分を考えている人はまず中古トラック買取業者へ査定依頼することをお勧めします。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!