マツダ・スクラムの特徴・スペック

写真 概要 詳細
マツダ・スクラム メーカー マツダ
車名 スクラム
形状 平ボディ
最大積載量 350kg
< 主要スペック >
荷台長(内寸) 荷台幅(内寸) 荷台高(内寸) ミッション
1940mm 1410mm 290mm 5速マニュアル
3速オートマチック
排気量 パワー 使用燃料 JC08モード
660cc 50馬力 ガソリン 18.6km/L

マツダ スクラムの特徴

 マツダのスクラムは軽自動車のトラックに与えられた商標ですが、自社製造ではなくスズキの軽トラック、キャリイのOEM供給車となっています。

現行車は2013年9月より発売、元車となるキャリイは三菱や日産にもOEM供給されているので、軽自動車では稀な4兄弟車種となります。

キャブオーバー型軽トラックでホイールベースをわずか1905mmと短く設計していることが大きな特徴です。

このホイールベースによって最小回転半径は3.6mを確保、狭い道が続く商店街の路地や田畑のあぜ道でも余裕を持って運転できます。

またバンパー地上高を320mm、アプローチアングルを23度に設計しているので悪路や急勾配、わだちができるあぜ道でも車体と地面をできるだけ接触させずに運転することができます。

荷台長と荷台幅をたっぷり取ったボディ部分は積載能力が高く、みかんコンテ場は54個、リンゴコンテナは48個、ビールケースは60個まで積載可能で、軽トラックに発生しやすいサビ対策として荷台には防錆鋼板の採用に加えてカチオン電着塗装を含む3層塗装が施されています。

さらに下回りにはアンダーコートを塗布、ボディの表面積約95%に防錆鋼板を使用しています。

これら防錆対策はボディ穴あきサビに5年、ボディ外板表面サビに3年の長期保証が全車に適用されます。

マツダ スクラムの4WD機能

 スクラムにはFFの2WDとパートタイム式4WDが設定されていますが、悪路で強い走行性能を発揮するのは4WDです。

2WDの場合、駆動輪の片側が空転するとデファレンシャルギアが空回りして片側の駆動力を弱めてしまいますが、パートタイム式4WDはデファレンシャルギアをロックさせて空転している以外の車輪すべてに駆動力をかけるので、荷物を積載して重い車体がぬかるみにハマった時でも容易に脱出が可能となります。

また砂利道などスリップしやすい路面でも全輪に駆動をかけて走行するので荷物を積載していない軽い車体でも安定した走行状態を保つことができます。

2WDと4WDの切り替えはドライブセレクトスイッチで、デフロックもスイッチを押すだけで簡単に切り替えができ、4WDには高速走行モードのHと低速走行モードのLをレバーひとつで切り替えが可能となっています。

突然の路面状況変化に対応できるのは農道から一般道に出る機会の多い軽トラックに取って、大きな安心感であり、魅力装備のひとつとなります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!