いすゞ・エルフの特徴・スペック

写真 概要 詳細
いすゞ・エルフ メーカー いすゞ
車名 エルフ
形状 平ボディ
最大積載量 2000kg以上
< 主要スペック >
荷台長(内寸) 荷台幅(内寸) 荷台高(内寸) ミッション
3120mm 1620mm 380mm 5速マニュアル
6速AMT
排気量 パワー 使用燃料 重量車モード燃費値
3000cc 150馬力 軽油 10.6km/L

いすゞ エルフの特徴

 日本の小型トラックでもっとも多く売れている車種がいすゞのエルフです。

1959年に初代が発売、1975年に発売された3代目がシェアトップを奪って以来その座を譲らず、2006年に発売された現行車、6代目でも依然、その地位を守っています。

現行車6代目は省燃費、環境性能において格段の進歩をとげたモデルです。

エクステリアは空力性能を追求、キャビンのコーナー回りやルーフ形状は正面からの空気抵抗を上と左右へ流れるように逃がすデザインになっています。

またラジエターグリルから進入した空気の流れはコンピューター解析によって、風洞実験だけでは判別できない細部まで研究、高い冷却効果を実現しました。

エンジンはD-CORE(ディーコア)と呼ばれる新世代ディーゼルで、2ステージターボを装着させて全回転域にターボ効果を与え、燃費効率を向上させています。

また全回転域ターボ効果は排出ガスのクリーン化にもつながっており、ポスト新長期排出ガス規制値よりもNOxは10%、PMにいたっては30%も上回って適合を果たしています。

九都市低公害車指定制度、各自治体の条例によるディーゼル車規制にもすべて適合しているので、日本国中、どの都市へも貨物輸送が可能です。

いすゞ エルフのトランスミッション

 エルフには5速マニュアルトランスミッションの他に、スムーサーExと呼ばれる6速のシーケンシャルマニュアルトランスミッション、機械式セミオートマチックが設定されています。

これは2ペダルでオートマチックのように操作でき、かつマニュアルのように高い費効率やスムーズな変速が行えるトランスミッションです。

平常時の運転はDレンジに入れておけばアクセルとブレーキの加減だけでシフトアップやダウンを行うことができます。

また急な坂道や加速を行いたい時はマニュアルモードに入れ、+表示にレバーを入れればシフトアップ、-表示に入れるとシフトダウンできます。

さらにオートマチック車のように微速のクリープ走行もするので、倉庫内やプラットフォームではブレーキペダルだけに神経を集中させることができます。

エルフのラインナップには標準キャブからワイドキャブまで、ボディ長では超ロングまで最大積載量2tの車種を用意しています。

これは新規格普通免許証でも運転できるサイズです。中型や大型の免許証がなく、トラックのスキルの低い人に取って、スムーサーExは運転の負担を軽減する装備といえます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!