増トン(6t・8t)トラックとは

増トン(6t、8t)トラックとは?

 増トンの意味は車両総重量を増やすという意味で、4t車を6t車に、6t車を8t車に改良することですが、実際に増える最大積載量は改造した車両によって違ってきます。

増トンのメリットは、業務内容に応じてあと少しだけ積載量を増やしたい、という場合に効果を発揮します。

4tの小型トラック(あるいは6tの中型トラック)では稼働率が悪いけれど中型トラックほど(あるいは大型トラック)は必要ない、というケースです。

トラックのサイズを大きくすれば当然、購入や維持の費用面で高くなるので、稼働率と経済性のバランスから、増トントラックの需要が生まれました。

例えば小型トラックとして高い評価を得ているいすゞのエルフは最大積載量2~4tが中心ですが、ワイドキャブには最大積載量4.6t仕様があり、この仕様の車両総重量は約7.5tあります。

エルフは一般的に4t車と呼ばれていますが、これは最大積載量ではなく車両総重量からの呼称で、同じボディサイズやエンジン、サスペンションを装備していても最大積載量が2tの標準ボディの場合、車両総重量は約4.4tです。

つまり4.4tの車両総重量を約7.5tとすることで最大積載量を2.6t増トンさせていることになります。

逆に最大積載量を1.5tまで減らした車種もあり、この車種の車両総重量は4tを切って約3.7tになります。これを増トンの逆の意味から減トン車減トントラックと呼びます。

車両総重量と最大積載量を換装で変える

 中型トラックの増トンも小型トラックとほぼ同じパターンで、中型トラックの規格範囲内で車両総重量を大きく取ることによって最大積載量を増やします

つまり最大積載量は車両総重量から車両重量+乗員1名の体重(55kgと定められています)を引いた数値となるわけです。

最大積載量は平ボディが基準となっており、アルミバンやウイングバン、土砂禁深アオリダンプなどになると架装によって車両重量が重くなってしまい、最大積載量が減ってしまいます。

そこで架装メーカーはできるだけ架装重量を軽くするためにアルミを多用して最大積載量の減量幅を少なくしています。

とくに積載型クレーン車やローダー車などは特殊架装となり、装備品が重いことから最大積載量に大きな影響を与えます。

他にも冷凍増車やウイングバンなどボディに可動部分が多い車種の場合、最大積載量はカタログ値よりも減っているので、架装を行った車種は必ず最大積載量の確認が必要です。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!