三菱ふそう - トラックメーカー別の特徴

三菱ふそうトラック・バス株式会社

 三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下、三菱ふそうと記載)の独立は意外と遅く、2003年に入ってからのことです。それまでは三菱重工業、三菱自動車工業の傘下に収まってトラックやバスの製造を行っていました。

2000年の三菱リコール隠しの事件で当時の筆頭株主であったダイムラー・クライスラーから資本提携を打ち切られる危機が訪れますが、三菱重工業は三菱ふそうを分離してダイムラー・クライスラーに売却することで収束、現在は同社の傘下企業となっており、アジアを中心とした販売戦略の拠点になっています。

三菱ふそうは日本国内で第三位の売り上げを誇るメーカーで、小型トラックはキャンターシリーズ、中型トラックはファイターシリーズ、大型トラックにはスーパーグレートシリーズがあり、特徴的なのはサイズを問わず環境対策として全車にブルーテック技術を採用していることです。

ブルーテックはダイムラー・クライスラーが開発したディーゼルエンジンの排出ガスをクリーンにする技術の総称で、ドイツ自動車工業会の開発したアドブルーという尿素水を使用するシステムです。

これは排出ガス浄化装置であるDPRと尿素水を使った触媒還元方式を組み合わせた技術で、尿素水は主に窒素酸化物(NOx)を除去します。原理としては窒素酸化物(NOx)にアンモニア(NH3)を化学反応させると窒素(N2)と水(H2O)に還元されることから応用されました。

ただしアンモニアをトラックに積むことは危険なので尿素水を採用、これを排気中に噴射することでアンモニアガスを発生させています。

メリットとしてはシステムの構造が簡単なので製造本体のコストが安く上がること、排気温度が低い段階から浄化作用があること、燃料消費率が良くなるので(DPR単体ではポスト噴射と呼ばれる燃料噴射の追加が必要となります)アドブルー(尿素水)を購入しても結果的にランニングコストは安くなる、といった点が挙げられます。

尿素水はアンモニア含有分量からアドブルーと定められていますが、消費率は軽油に対して約1.0~2.5%の割合で消費されるため、トラックの尿素水タンク容量の違いはありますが、給油4~5回の割合で1回補充する必要があります。

この補充の手間を解消するため、三菱ふそうでは200L入りドラム缶の販売や各三菱ふそう販売店に常備、さらに大型トラックの入れるガソリンスタンドに常備するなど、供給拠点の拡大に努めています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!