中古トラック買取.jp > トラックメーカー別の特徴の目次ページ

トラックメーカー別の特徴の目次ページ

トラックメーカー別の特徴【目次】

 現存するメーカーの国産車第一号がトヨタの「トヨダ・G1型トラック」であったように、日本のモータリゼーションは実用的な貨物自動車、トラックによって黎明期を迎えました。

その後、各メーカーはすべてトラックを生産しますが、現在はトラックに特化したメーカーが製造しており、メーカー間によるOEM供給が盛んに行われています。こちらのページでは各メーカーの特徴を解説しています!

OEMとは他社ブランド製品を製造して供給するという意味で、日本語では相手先ブランド製造と訳されています。

その代表的な例が軽トラックで、スズキのキャリイはマツダ、三菱、日産に供給されており、それぞれのメーカーの商標(ブランド)によって販売されている日本でも珍しい4姉弟車種となっています。

また海外資本の参入もトラックメーカーの特徴のひとつです。日産UDの名称で親しまれてきたUDトラックスは大型トラックメーカー、ボルボの傘下となり、三菱ふそうの筆頭株主はドイツのダイムラーとなりました。

世界のトップ企業との合弁は日本のトラックメーカーの技術向上と活性化に大きな役割を果たしています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!