ダイハツ - トラックメーカー別の特徴

ダイハツ工業株式会社

 ダイハツは現在、軽自動車に特化しており、トラックも軽自動車サイズのハイゼットしか製造販売していませんが、ハイゼットの軽商用トラック市場におけるシェア率は圧倒的に高く、ライバル的存在のスズキ・キャリイを引き離し、軽トラック市場でNo.1を維持、2013年度は約81万台を販売しました。

2位のキャリイは約70万台、3位のホンダ・アクティトラックは約25万台なので、比較すればハイゼット・トラックがいかに軽トラック市場で支持されているか分かります。

ハイゼット・トラックが発売されたのは1960年と古く、現行の軽自動車ブランドのなかでなもっとも長い歴史を持っています。

これまでに多くのバリエーションが販売されており、なかにはユニークなハイゼットジャンボ、ハイゼットデッキバンといった車種も含まれています。

ハイゼットジャンボは軽トラックのサイズを維持しつつキャビンを広く取ったことが特徴で、大型トラックのようにキャビンサイドに窓を設置、シートをリクライニングできることが特徴でした。

またデッキバンはハイゼットバンの荷室部分を切断、4人乗りキャビンとオープンな荷台を組み合わせた経トラックで、「電器店で冷蔵庫を縦に積めるように」とパナソニックと共同開発していることが特徴です。

ちなみにダイハツという社名は1951年につけられましたが、歴史は日本の自動車会社のなかでもっとも古く、1907年、大阪で発動機製造株式会社という名前で誕生しています。

その後、発動機という名前をつけた会社が増えたことからユーザーが区別するために「大阪の発動機」と呼び、さらにこれを詰めて「大発(ダイハツ)」と称したことを端緒に、ダイハツという社名になりました。

10代目ハイゼット・トラックの特徴

 2014年9月、15年8ヶ月ぶりにフルモデルチェンジした10代目ハイゼット・トラックの大きな特徴はボディ剛性を強めるなどトラック本来の機能を向上させると同時に、女性でも使いやすいトラックの機能を備えていることです。

フロントガラスを前方に設計、シートスライド幅を長く取って室内空間を広くし、ドアの開口部を拡大して乗降性を高めて女性でも運転しやすくしていることに加え、「農業女子」専用装備としてサイドとフロントのガラスをIR(赤外線)&UV(紫外線)仕様にし、運転席側のサンバイザーにはバニティミラーもついています。

また、軽トラックとしてはこれまでになかったカラーリングを用意、トニコオレンジメタリックやライトローズマイカメタリックといったボディカラーは女性をターゲットにした設定となっています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!