トラックの特徴

トラックの特徴

 トラックはドライバーが乗るキャブと走行機能やボディと呼ばれる荷台を乗せるためのシャーシによって構成されています。

この構造は乗用車のモノコックと違って荷重に耐えられる設計を元にして作られていることがトラックの特徴です。

一般的にトラックはこのシャーシの上に平ボディアルミバンを架装した状態で販売されますが、これは単純に平ボディ、アルミバンの需要が多いことが理由で、特殊架装を希望する場合、その架装を得意とする架装メーカーから購入することになります。

架装メーカーはトラック販売メーカーからキャブとシャーシだけの汎用シャーシと呼ばれる無架装状態の車両を購入、それに自社の架装を取り付けて販売します。

架装にはさまざまな種類があり、また架装によって重量が大きく異なります。さらに積載物を搭載することまで想定し、シャーシの持つ荷重性能を設定しなければなりません。

そのために最大積載量、つまりシャーシが耐えられるだけの重量が決められているわけです。

最大積載量は車両総重量から車両重量その他を引いた重さですが、架装が重くなればそれだけ車両重量が重くなって最大積載量が減ってしまいます。したがって架装メーカーは架装をできるだけ軽くする工夫を行い、最大積載量を減らさないように努めています。

トラックのさまざまな形態と複雑な道交法

 架装だけでなく、キャブの形状も多岐に渡っています。

これは架装メーカーではなく各製造のメーカーによるものですが、1車種にシングルの標準キャブから幅広なワイドキャブ、ベッドのついたフルキャブ、4~6人が乗車できるダブルキャブまであり、また小型トラックのサイズに中型トラックのキャブを組み合わせることもあります。

また小型だけでも最大積載量を普通免許証や中型限定免許証に合わせて1tか4tまで小刻みに設定、また大型になれば道交法に基づいた車両総重量25tまであります。トラックの最大の特徴は、このように用途に合わせた多岐の形態があることです。

また多岐な形態を整理するためにトラックにおける道交法が複雑になっていることもトラックの特徴です。

車両総重量はトラックのサイズによって大まかに決められていますが、車軸数やタイヤ1本当たりによっても荷重が決められており、過積載車には厳しい罰則が定められているほか、最高速度においても大型トラックには90km/hを最高度の制限とする速度抑制装置(リミッター)の装備が義務づけられています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!