商用トラックとは

商用トラックとは

 一般的に貨物自動車のことをトラックと呼びます。

広義に見れば商用のために使うトラックはすべて商用トラックと呼ぶことはできますが、法的には捉えると営業用貨物自動車自家用貨物自動車の分類があり、営業用は貨物自動車運送事業に用いられる車両、自家用は商店の営業のための車両と区分されます。

したがって狭義で商用トラックというと、この営業用貨物自動車が当てはまることになります。

営業用貨物自動車のなかにも運行一般の区分があり、運行は主にバスで一般は運送会社の営業所管轄区域内での集配業務に当たる車両をさします。

これらの車両は運輸支局等に事業用として登録されており、その証として緑色のナンバープレートが交付、また軽自動車の場合は黒字に黄色文字のナンバープレートが交付されます。

一般貨物自動車の定義をもう少し詳しく言いますと、国土交通省によって定義されているところによれば、「他人の需要に応じ、有償で自動車(三輪以外の軽自動車及び二輪の自動車を覗く)を使用して貨物を輸送する事業であって、特定貨物自動車運送事業以外のもの」が一般貨物自動車運送事業であり、ここで使用されるトラックが一般貨物自動車に相当することになります。

もちろん自家用貨物自動車でも自社製品を運送するトラックは十分に商用として活躍しています。

チェーン店やフランチャイズシステム加入店の配送となれば個人営業における仕入れのための使用という範疇を大きく超えていますし、自動車メーカーが製造した乗用車を営業店舗まで運送するセルフローダーなども自家用となりますが、これも立派な商用トラックと呼ぶことができます。

商用以外のトラックとは

 では、トラックの形態をしていて商用ではない貨物自動車にはどのような種類があるかというと、乗用車をトラックに改造したピックアップがあります。

キャビンと荷台が一体化したタイプの車両で、車検証にもピックアップと記載されます。日本ではあまり普及しませんでしたが、外国では北米を中心に今でも人気のある車種です。

ピックアップが北米で人気を高めたのは、ピックアップトラックが州によって税制が安くなる、あるいは無税になることに加え、荷台にサーフボードやバイクなどアウトドアの趣味の道具を積めることがその理由です。

また中西部や南部では道路幅が広く、悪路も多いのでサイズが大きくて頑丈なピックアップが好まれて乗られるようになりました。

またピックアップは南米を始めとする新興国の農業でも頻繁に使われていますが、こちらは北米と違って十分に商用と言えます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!