トラックの種類

トラックの種類

 トラックはドライバーが乗る部分のキャブ、走行のための機能を搭載しているシャーシに、積載する貨物に合わせてシャーシの上に乗せる架装ボディの3つによって構成されています。

トラックの種類は架装によって違ってくるので、その架装を中心に種類の解説をします。

平ボディ

 トラックの基本の形で、シャーシの上に荷台があり、左右と後ろにアオリのあるボディです。荷台は無蓋の開放状態で、主に雨に濡れても問題のない積載物、またはクレーン等を使わないと積み下ろしが困難な積載物の運搬に使われます。

クレーン付き

 平ボディにクレーンを取り付けた積載型クレーン車の総称です。小型・中型のクレーン付きはユニックと呼ばれることもありますが、これは古河ユニックという架装メーカーの登録商標です。

クレーンを使用する際、重量バランスを取るために車両を地面に設置させるアウトリガという機能を装備していることが特徴です。

ダンプ

 荷台が油圧によって傾斜、荷台の荷物を重力落下によって一気に下ろせるタイプのトラックです。

荷台の容量によって土砂専門土砂の積載を禁止したタイプがあり、とくに土砂を禁止したダンプは土砂禁ダンプと呼ばれ、木材チップや飼料などを運搬します。

土砂禁ダンプは別名、深アオリとも呼ばれ、アオリを高くして荷台の容量を増やしていることが特徴です。

アルミバン

 ボディがアルミ製の箱型になっているトラックのことで、リアゲートがドア状に開く一般的なタイプの他に、側面が上方に開いて積載物の荷役を容易にするウイングタイプもあります。

重量は少ないけれどかさばる積載物を運送することに適しており、中型トラックでも大型トラックと変わらないサイズの車種もあります。

冷凍冷蔵車

 アルミバンの派生タイプで、荷室内の温度を一定に保つ機能がついているトラックです。

冷凍と冷蔵、保冷の3種類があり、冷凍と冷蔵は基本的に冷蔵庫と同じように電力で温度を保ちますが、保冷車はアルミバンの断熱材と保冷剤によって室内の温度を下げないように作られています。

車両運搬車

 文字通り車両を専門に運搬するトラックで、車両を1台だけ積載できる小型のセルフローダーから6~7台の車両を1度に運搬するトレーラタイプまでさまざまな形態の車両運搬車があります。

これら以外にもゴミを収集する塵芥車、タンクローリーなどの特殊架装車、大型クレーンを搭載したホイールクレーンやラフテレーンクレーンなどの建設機械を搭載した重機と同じ機能を持つトラックもあります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!