トラックが走れる走行距離

トラックが走れる走行距離

 一概にトラック全般の走行可能な距離は測ることができませんが、長距離を走行したトラックには共通点が必ずあります

それはメンテナンスをこまめに行なっていること、消耗品の交換は早めに行っていること、場合によってはエンジンのオーバーホールも行っていること、この3つです。

故障を起こさないための予防と対策をきちんと行っているトラックは一般的に長距離を走行しています

小型トラックの走行可能距離

 小型トラックには商用バンと共通部品を使った1t未満のトラックと、1t~3tクラスの小型として専用開発されたトラックがあり、またガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車があります。

商用バンとの共通部品を使ったトラック(トヨタのライトエースなど)はエンジンも乗用車と兼用のガソリンエンジンを使用していますが、やはり専用開発された小型トラック(いすゞのエルフなど)と比べると走行可能距離は短いといえます。

ガソリンエンジンの場合、メンテナンスをこまめに行なっていても20万kmを超えると経年にもよりますがオイル漏れを起こします。

このオイル漏れを修理すると場合によっては20~30万円かかることもあり、また20万km走行すると他の部分の修理交換も必要なことから、20万km程度が一応の走行可能限度距離といえます(もちろん、修理をすれば走行は可能です)。

専用開発された小型トラックのほとんどの車種に搭載されているディーゼルエンジンは基本的に頑丈にできており、また走行機能のほとんども耐久性が高められているので30~50万kmは走行可能といわれています。

中型トラックの走行可能距離

 中型トラック(日野レンジャーなど)になると長距離輸送も行うので走行距離=経年にはつながらず、故障に対する予防と対策さえしっかり行っていれば50~60万kmは走行可能といわれています。

中型トラック以上になるとエンジンや電装品などのパーツは細かく分類されており、パーツごと交換する、いわゆるアッセンブリ交換ではなく、悪くなった部品だけを交換することが可能なので消耗品に対する経費を低く押さえることができます。

大型トラックの走行可能距離

 大型トラックは初期費用が高く、トレーラーヘッドでも1,000万円を超える車種があります。

製造するメーカーも車両価格が高いことから耐久性を重視しており、通常の定期点検をきちんと行っている限り、エンジンのオーバーホールなしでも100万kmが走行可能といわれています。

最近の大型トラックはオートマチックミッションを装備している車種が多くなりましたが、やはりオートマチックはマニュアルに比べると、寿命が短いという傾向が見られます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!