トラックのセルフ車とは

トラックのセルフ車とは?

 トラックでセルフ車と呼んだ場合、ほとんどが重機車両運搬車であるセルフローダーをさします。

ローダーとは荷役や掘削現場でよく使われる積込機械のことで、自走できる積込機械、といった意味からセルフローダー、セルフ車と一般的に呼ばれるようになりました。

ちなみにローダーの音引きをなくしたセルフローダは、重機メーカーのTADANO(タダノ)による登録商標で、車両重機運搬車を日本で最初に開発した株式会社花見台自動車ではセフテーローダの名称で登録商標をしています。

セルフ車、セルフローダー以外ではセーフティローダーやスライドキャリアなどとも呼ばれています。

セルフ車の特徴は車両や重機を積むために荷台床が低くなっていること、車両や重機を積みやすくするために車両の前部を持ち上げて荷台後部を地面に設置させたり、荷台をスライドさせて前部を持ち上げ、地面に設置させたりするなど、特殊な架装を行っていることです。

そのため、車両メーカーからは販売されておらず、架装メーカーが車両メーカーから汎用シャーシを購入、それに架装を装備する形で販売されています。

車両前部を持ち上げて車両全体を斜めにし、荷台を地面に設置させるタイプは油圧ジャッキによって車両を持ち上げます。

荷台後部にはアユミ板がついており、斜めにした車両後部からアユミ板が自動、あるいは手動で地面に設置する仕組みで、重機や車両はそのアユミ板から進入して荷台に乗ります。

セルフ車は小型から大型まで

 荷台をスライドさせるタイプの重機運搬車は車両を持ち上げるのではなく荷台を油圧の力で後方にスライドさせ、その後、ダンプ機能で荷台を持ち上げる形になりますが、やはりアユミ板は装備されており、運搬する車両の積載方法に違いはありません

積載する車両のなかには自走できない場合もあるので、重機車両運搬車には車両を引っ張り上げるウインチを装備しているのが一般的です。

セルフ車の操作に特別な免許はいらないので、小型トラックに架装したタイプは普通免許証でも運転できます。

小型トラックのキャンターエルフの架装車は小型重機だけでなく一般的な修理工場などでも車両運搬用として広く使われています。

25t積み大型トラックの架装車は10tクラスの重機を乗せるために、前2軸後2軸で荷重を分散、低床式とするために小さいサイズのタイヤを2重にしたダブルタイヤを装着するなど荷重に対する架装が十分に施されています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!