トラックに使われる燃料

トラックに使われる燃料

 トラックに使われているエンジンには主に2種類の燃料があります。ひとつはガソリン、ひとつはディーゼルで、一般的にディーゼルは軽油と呼ばれています。

どちらも石油を原料としていますが、ガスやワックスなどの成分を分離させ、蒸発させて採取する際の温度に違いがあり、ガソリンは30~230℃で蒸発した気体を採取することに対して、ディーゼルは140℃~380℃で採取した気体から作ります。

揮発性の特徴はそのままエンジンに応用されています。低い温度でも揮発するガソリンは空気と混合して電気着火することに対し、ディーゼルは高圧高温にした空気へ直接噴射することによって爆発力が得られます。

圧縮された混合気体は着火すると均一に燃焼しますが、圧縮した高温の空気にディーゼルを噴射した場合、均一的な理想燃焼は期待できません。これがガソリンエンジンとディーゼルエンジンのクリーン度の違いになって表れます。

ただし高温高圧にした空気にディーゼルを直噴する方法は高温高圧の空気の量に対して発火に対する最小の分量だけを必要とするので、理論的にはピストンを大きくしても相当の力を得ることができます。

ガソリンエンジンは混合気体のため、ピストンを大きくすると当然、混合気体も多く必要になります。これがガソリンエンジンよりもディーゼルエンジンの方が燃費効率の良い理由です。

高速型ピストンエンジンはガソリン、低速型ピストンはディーゼルの方が向いていますが、最近では両者の性能差が少なくなってきています。

ディーゼルとガソリン以外の燃料

 ディーゼルとガソリン以外でトラックに使用される燃料にはLPGがあります。

液化石油ガスで、エンジンの基本構造はピストンを往復運動させるレシプロに違いはありませんが、ディーゼルエンジンを改造する場合、着火温度の違いからガソリンエンジンのように点火プラグを装着必要があります。

LPGを燃料として使うメリットはディーゼルよりも価格が安いこと、排気ガスからのCO2量が少ないことがありますが、反面、トラックに必要なトルク不足というデメリットがあります。

現在は実用化されていませんが、水素燃料の車種も開発されています。水素燃料のメリットは既存のエンジンシステムをそのまま利用できること、採掘による一次エネンルギーと違い、工業的な副産物として発生する水素を利用すれば無尽蔵にエネルギーを貯められることがあります。

しかし現段階ではディーゼルエンジンに匹敵する熱効率を得られていないことやインフラ対策の見通しがついていないことなどの理由により、開発が遅れています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!