トラックは環境に悪い?

トラックは環境に悪い?

 かつてディーゼルエンジンを搭載したトラックは黒煙を吐くのが当たり前、と思われた時代がありました。

トラックは現在も日本の物流において重要な役割を果たしていますが、環境保全経済性を天秤にかけた時、環境保全が軽んじて見られ、トラックだから許容されるという風潮がありました。

ディーゼルエンジンが吐き出していた黒煙は燃料となる軽油がシリンダー内で完全燃焼が行われないことから発生します。

黒煙は煤(すす)ですが、この黒煙のなかに浮遊粒子状物質PMが含まれていることがその後の研究で判明しました。PMは呼吸によって体内に入り、鼻や喉、気管、排などに付着して慢性気管支炎や肺気腫といった疾病を引き起こす大気汚染の大きな原因です。

ディーゼルエンジンは黒煙を取り除くことから規制が始まりました。黒煙を低減させるためには少量の燃料を高圧噴射にして完全燃焼させることですが、高圧にするほど他の問題が発生します。

高温高圧下の窒素と酸素によってNOx,窒素酸化物が生成されてしまうのです。NOxは工場の排煙などには含まれず、主に自動車の排気ガスから発生し、光化学スモッグや酸性雨の原因となります。

ディーゼルエンジンはかつて、この2つの大気汚染物質を発生させていたわけですが、大気汚染が深刻になった1970年代前半より排出ガス規制が順次行われ、現在はPMとNOxを別々に処理して低減させる装置を装着することによって、排出ガスはガソリンエンジン並のレベルまでクリーン化を実現しています。

NOxをクリーンにする尿素水システム

 各車両メーカーともNOxとPM削減のための技術開発を行っています。三菱ふそうは親会社であるダイムラー社と共同開発したBlueTecを採用しています。

エンジンから排出されたガスは再精製業式DPF(Diesel particulate filter:ディーゼル微粒子捕集フィルター)を通り、DPF内の酸化触媒によってPM中の燃料分を燃焼させ、セラミックフィルターによってPMを捕集・除去します。

排気ガスはその後、BlueTec 排気後処理装置と呼ばれるSCR触媒(Selective Catalytic reduction:選択的触媒還元)に送られますが、その際にAdblueとネーミングされた尿素水を添加、NOxを窒素と水に分解して無害化させます。

Adblueはドイツ自動車工業会の登録商標で、燃料に対して約1.0~2.5%の割合で消費されますが、現在、ガソリンスタンドを始めとして全国の至るところで補給できるシステムになっており、供給地点も拡大されています

尿素水を使ったNOx低減システムは主流になりつつあり、三菱ふそうの他、UDトラックスや日野自動車も独自の技術を取り入れた尿素システムを採用しています。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!