トラックの種類別買取ランキング

中古トラック種類別買取ランキング

 中古トラック買取査定業において、買い取られる中古トラックの価格は査定を基準としていますが、けっして査定価格=買取価格ではありません。

中古トラックの種類は多種多彩なので、需要に応じて車種の買取価格は大きく変動します。

たとえば中古トラック買取査定業と中古トラック販売の大手である トラック王国の2014年10現在のデータを参考にすると、車種別の買取ランキングは以下のようになっています。

トラック王国の種類別買取ランキング

 トラック買取大手のトラック王国での買取ランキングは、以下のようになっています。

このランキングを見て、意外に思えるのは国内物流の主役である平ボディや冷蔵冷凍車、アルミウイングなどが中位から下位に甘んじており、上位を占めているのが建設作業に欠かせない特殊架装の車種であることです。

この現状は平ボディやアルミウイングなどトラックとしてポピュラーな存在が人気薄ということではなく、特殊架装車両の需要が高いことがその理由です。

2013年より東日本大震災の復興工事が本格化していることで、中古大型ダンプカーの販売価格が震災前よりも4割以上高くなっているという(日本経済新聞調べ)のデータがあります。

さらに「貨物自動車運送事業者が東日本大震災の被災地域において事業活動を行うための特例措置」の期間延長も手伝い、現在、建設作業に伴う中古トラック、特殊架装車種は高値安定傾向が続いています。

加えて安倍政権による公共事業の拡大、2020年の東京オリンピックによる需要があるので、この傾向はここしばらく続く見通しです。

この状況があるからといって、けっして平ボディを始めとするポピュラーな中古トラックの高値買取が期待できないというわけではありません。

燃料となるガソリン料金が高騰を続けている現在、新車購入の経費を抑えて中古トラックで代替する企業や個人経営も多く、 トラック王国を始めとする中古トラック買取査定業者はポピュラーな車種でも買取に力を注いでいます。

トラック王国では中古トラックの国内販売だけでなく、新興国を中心とした海外への輸出も行っています。状態の良い車種は国内需要に回し、国内で買い手のつかない過走行車や低年式車は新興国に販売します。

過走行、低年式といっても日本のトラックは耐久性があり、日本のような厳しい車検制度のない新興国においては十分に実用性を持っています。

また事故車や廃車は過走行、低年式車種のパーツ取りとして利用されるため、トラック王国ではどのような車種でも高値で買い取ることができます。中古トラックの需要は今後、車種を問わずさらに増えていくことが予想されます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!