中古トラックを売る方法

中古トラックを売る方法

 不要になった中古トラックを売却する方法は大別すると3種類あります。

  1. ディーラーでの下取り
  2. 個人売買
  3. 中古トラック買取査定業者へ売却する

1つはディーラーに下取りさせること、1つはネットオークションを含む個人売買、もう1つは委託オークションを含む中古トラック買取査定業者へ売却する方法です。

中古トラックのメーカー系ディーラーに下取りさせるのは新車購入時、もっともポピュラーな売却方法でした。

新車を購入すれば車検や修理、整備などトラック・メンテナンスを一括で任せられるという安心感はディーラー系だからこそできるサービスですが、反面、下取り価格は査定基準に則って行うため、低額になることが常です。

ディーラーは下取りした中古トラックを販売するルートを持っておらず、ディーラーと懇意の中古トラック販売店へ流通するため中間マージンが発生するので、どうしても下取り価格を高くできません。

新車購入時は値引きという形で新車価格を下げることができますが、新車の購入予定がなければ下取り価格は査定基準そのままとなり、市場販売価格に比べると大幅に安くなることが、ディーラー系に下取りを出す大きなデメリットです。

車検証に記入されている所有者であればネットオークションを始めとする個人売買という方法もあります。

メリットは希望販売価格を設定できること、中間マージンが発生しないということがあります。しかし販売が決定するまでの手間はすべて所有者が行わなければならず、売却先が信頼できる相手とは限りません。

思わぬクレームをつけられる、名義変更をいつまでも行わない、などのリスクがあることを自覚しておかないとトラブル発生になりかねないのがネットオークションを含む個人売買のデメリットです。

もっとも高値で安心できるのは中古トラック買取業者へ

 委託オークションとは、中古トラックの所有者に代わってオートオークションに出品する業者に売却を依頼することです。

オートオークションは中古車販売に関わる業者でなければ出品できないため、業者が所有者の希望販売価格を聞き取り、その価格で販売できた場合にマージンを受け取るというシステムで、メリットは希望販売価格を設定できること、販売先が業者なので名義変更などの手間が要らないこと、マージン発生率が低いことが上げられます。

デメリットとしては希望販売価格に達しない場合は何度もオートオークションに出品しなければならず、その度に出品料が増えることです。

中古トラックを売却する方法で現在、もっともポピュラーなのは中古トラック買取査定業者の数社に査定を依頼、そのうち、最高値をつけた業者に売却する方法です。

中古トラック買取査定業者の多くは自主流通網を持っており、買い取った中古トラックは自社で販売できることから中間マージンの発生がないため、買取価格を高値でつけることが可能です。

名義変更も速やかに行うため、売却後のトラブルがないことも中古トラック買取査定業者に売却するメリットのひとつです。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!