中古トラックを高く売るコツ!

算出が難しい中古トラックの査定

 中古トラックの相場はあるようでないもの、とよく言います。

一般的な乗用車の査定は事故歴が最初にあり、それから年式と走行距離が重要視され、次に車両状態、最後にオプション装備や内外装の色がチェックされて査定が終わり、買取価格が提示されます。

しかし中古トラックの場合、事故歴は問題視されますが、それ以外の査定基準はじつに曖昧です。

なにしろ中古トラックは乗用車のように定形ではなく、架装によってさまざまな車種に変わってきます。

同じ中型トラックでも平ボディとアルミバン、さらに冷凍車やクレーン積載車など、架装によって新車販売価格は大きく変わります

当然、査定にも影響を及ぼしますが、架装した中古トラックには乗用車のように基準となるシルバーブック(財団法人日本自動車査定協会が月刊で発行しているすべての乗用車の査定基準表)がなく、いわば中古トラック買取査定業者が買取金額をいくら提示するか、それが査定となっているのが現状です。

では、中古トラック買取査定業者はどうやって買取価格を算出するのか、というと、簡単に言ってしまえば、いくらで売却できるか、ということが目安になります。

中古トラック買取査定業者の多くは買取と同時に中古トラックの販売も行っているため、どのような車種の中古トラックはどのくらいの価格で販売できるか、というノウハウを持っているので買取査定価格を算出できるのです。

強い販売ルートを持つ中古トラック買取査定業者へ依頼

 したがって中古トラックを少しでも高く売ろうとするなら、強い販売ルートを持っている中古トラック買取査定業者に複数依頼することが最優先の条件となります。

強い販売ルートを持っていると、多様な車種と架装の組み合わせでも販売してきた実績があるのでノウハウの蓄積が大きく、また多少、買取価格を高めに設定しても販売ルートが確保されているので必ず売り切ってしまう自信もあります。

中古トラック買取査定業者で最大手といえば トラック王国ですが、買い取った中古トラックは自社流通に乗せて販売するだけでなく、ロシアやパキスタン、アフリカ諸国にまで販売ルートを持っていることが強みで業界最大手になりました。

新興国では年式が古くても過走行でも整備さえされていれば十分に需要が期待できるため、国内ルートしか持たない中古トラック買取査定業者よりも高値の査定が期待できます。

トラック王国を含め、強い販売ルートを持つ中古トラック買取査定業者を複数選んで査定依頼をすることが、中古トラックを高く売るもっとも確実な方法です。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!