中古トラック買取に必要な書類

中古トラック買取に必要な書類

 中古トラック買取査定業者へ売却が決まったら、以下の書類が必要になります。

トラック王国のように現場査定がなく、即日引取、即金払いの場合は事前に書類を用意しておけば、その日のうちに取引が完了、手間も時間も省略できます。

自動車検査証
車検証のことです。車検証には所有者と使用者の欄があり、同一であれば問題ありませんが、所有者がローン会社やディーラーの名義になっていて、すでにローンを完済している場合はそれぞれの所有権解除書類、所有者の印鑑証明書、委任状、譲渡証明書が必要になります。予め車検証を見て所有者の名義を確認しておいてください。
自賠責保険証明書
加入が義務付けられている強制保険で、購入時、または車検の時に加入更新します。証明書が紛失した場合は加入している保険会社に申請すれば再発行をしてくれます。
自動車納税証明書
毎年、5月に支払う自動車税の領収書です。納税後は大切に保管しておいてください。紛失しても納税した税務局に依頼すれば再発行をしてくれます。
印鑑証明書
実印を証明する書類です。各市区町村の役所で発行していますが、書類発行は売却前2ヶ月以内でなければなりません。古い印鑑証明書は使えないので注意してください。
譲渡証明書、委任状

これらは名義変更に必要な書類で、とくに決まったフォーマットがなく、ほとんどの中古トラック買取査定業者の方で用意しています。

新しい所有者に中古トラックを譲り渡すこと、並びにその事務処理を代理人に依頼するという内容なので、この2つに関してはフォーマットをよく読んでからサインと実印を押してください。

中古トラックの持ち主が死亡している場合に必要な書類

 中古トラックの所有者が死亡、その中古トラックを業者に売却する場合、中古トラックは遺産になるため、相続人が勝手に売却することができず、死亡した人の戸籍謄本、並びに戸籍謄本に記載されている相続人の遺産分割協議書が必要になります。

この書類は相続人全員が相談して、中古トラックの遺産相続人を決めたという証明書で、相続人全員の氏名と住所、続柄、それから実印と印鑑証明書、さらに相続人全員の委任状を準備しなければなりません。

この書類はあくまでも中古トラックの所有者を一時、相続人に移すために必要な手続きで、相続人は所有後、通常の売却手続きを行います。

そのため、上記の必要書類に加え、中古トラックの保管を証明するための車庫証明書も必要になります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!