中古トラック買取の流れ

中古トラック買取の流れ

 所有する中古トラックを中古トラック買取査定業者に売却する際、買取は以下の手順となります。

概ね、大手の中古トラック買取査定業者において手順に大きな違いはありません。したがって大手数社を選び、買取価格や担当者の対応を比較して買取依頼の決定を行ってください。

1.大手中古トラック買取査定業者のオンライン査定に申し込む

大手の買取査定業者はホームページを開設しており、そのコンテンツのなかにオンライン査定があります。

申し込みフォームは業者によって若干の違いはありますが、売却予定である中古トラックのメーカーや走行距離、年式など車検証を用意しておけば簡単に入力できます。

またネットでの入力を避けたい人のためにFAXによる査定も行えるので、ネット上にあるFAX申込書をプリントアウトして記入、送信してください。

2. 大手中古トラック買取査定業者から連絡が来る

オンライン査定、またはFAX査定を送信すると業者の担当者からただちに連絡が来ます。

オンライン査定では売却予定の中古トラックに関して形式的なことしか分からないため、担当者が詳細を聞くことになりますが、この時に担当者の質問に対して虚偽の返答を行うと実際の買取の段階で減額になるので、分かる範囲内で正しい回答を行ってください。

3.後日、担当者より正式な査定額が伝えられる

売却主の希望した日時に合わせて、担当者より正式な査定結果が伝えられ、買取価格が決定します。

この査定買取価格に納得できれば後日、買取の契約となりますが、納得できない場合は他社の結果と比較、他社への売却を検討してください。

4.買取手続きを行う

車検証や自賠責保険証明書、住民票など売却に必要な書類を用意、売却のための契約書にサインすれば売却完了となり、ほとんどの中古トラック買取査定業者は即日現金払い、即日車両引取となります。

5.名義変更書類を受け取る

中古トラックを売却後に心配なのは名義変更が速やかに行われているか、という点です。

この名義変更が行われないと時期によっては税金の請求先が所有者になるケース、また名義変更が行われる前に事故が発生すると所有者に事故連絡が入ります。

名義変更完了までの期間、名義変更後の車検証の写しを送付する中古トラック買取査定業者を選んでください。

中古トラック買取の手順で普通乗用車の買取と大きく違うところは電話での質問だけで査定が完了することです。

普通乗用車の買取では実際に担当者が訪れて売却予定の車両を査定、その結果から買取価格を提示するのですが、売却主と担当者の交渉で問題が生じるケースを多く見かけます。

普通自動車の買取に比べて中古トラックの買取はスムーズ、かつ速やかに手順が進むといえます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!