中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の基礎知識【目次】 > 日本の中古トラックは、海外でかなりの高額で取引されます

日本の中古トラックは、海外でかなりの高額で取引されます

日本のトラックは海外でかなりの高額で取引されます

 日本国内におけるトラック、とりわけ小型、中型は中古になるほど国内リセール率が悪くなるので徹底的に使用して乗り潰すことが常識とされていましたが、現在は中古トラック販売店の販売マーケット開拓の甲斐あって過走行や低年式のリセール率が悪い中古トラックでも海外へ輸出するという販路が開けています。

したがって古い中古トラックを所有し、乗り潰した後に廃車と考える前に一度、中古トラック買取査定業者に査定依頼を行ってみるのも中古トラックの利用方法のひとつで、場合によっては乗り潰すよりも経済的に高い効果が得られることもあります。

トラックを専門に作る企業はその国の道路状況や輸送環境に合わせて開発しているため、アメリカやヨーロッパのトラック専門企業は大量輸送を目的とした大型トラックに秀でています。

しかし日本は狭い国土とモータリゼーションの遅れから小型、中型トラックの開発が先行、高速道路が発達した現在でも小型、中型トラックは日本独自の進化を遂げています。

日本と同じようにモータリゼーションの遅れ、道路事情の悪い国は現在でも世界中にありますが、新興国の多くは日本のように自国でトラックの製造を行っていません

そこで日本は多くの新興国で小型、中型トラックの現地生産を始めました。これが新興国における日本のトラックの知名度を高めます。

日本の小型、中型トラックは現地の荒れた路面でも走行できる頑丈さを持ち、日本の製造システムによって組み立てられたトラックは故障が少なく、現地での大量生産のために部品調達も可能というメリットから新興国において、日本の小型、中型トラックは絶大な人気を集めるようになりました。

もちろん新興国において新車のトラックを購入できる企業や個人はわずかのため、中古トラックが一般消費者から求められるようになり、中古トラックの輸出が盛んに行われるようになりました。

新興国には日本のように厳しい車検制度がないので、廃車同然のような中古トラックでも必要なところを修理して長く乗ります。そのため、古い車種の部品も十分に輸出対象になるので日本では自走できない廃車も部品取りとして買取が行われるわけです。

現在、南米や東南アジア諸国に多く中古トラックが輸出されていますが、かつて日本からの中古トラック輸出量ナンバーワンだったニュージーランド(中古乗用車では現在でも輸出量1位を誇ります)は輸入トラックに対して車検制度を厳しくしたため、日本からの中古トラック輸入量が激減しました。

新興国において、すぐにニュージーランドと同じ状況になるとは限りませんが、自然環境保護の観点からいずれ規制は厳しくなります。

廃車同然のトラックを売却するチャンスはそう長く続かないのが中古トラック買取査定業の実情といえます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!