中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の基礎知識【目次】 > 事故車・故障車・不動車のトラック買取

事故車・故障車・不動車のトラック買取

事故車・故障車・不動車の買取

 一般的な乗用車の場合、事故車、故障車、不動車になると車としての価値が著しく下がり、買取価格がつかないケースもありますが、中古トラックの場合、それらの状況でも利用価値が高いので業者によっては思わぬ高値がつく可能性があります。

それぞれの状況によって若干、違いがあるので、状況別に説明します。

一口に事故車といっても車両への損傷はさまざまです。

トラックは基本的にフレームが頑丈にできているので、ボディに凹みができる事故でも走行に影響がでないことが多く、そのまま使用している所有者も少なくありません。

このような事故車の場合、ボディの凹みを修理すると費用がかかり、買取価格から修理費用を差し引くと手取り金額が少なくなってしまいます

中古トラックの市場では、多少のボディの凹みでも走行や作業に影響のない状態ならば購入者が見込まれること、また大手の販売店も兼ねている買取査定業者は修理工場も抱えているので自社修理できることから、多少のボディの凹みでも一般乗用車ほど大きなマイナス査定につながりません

走行、作業に問題なければ修理せずに売却した方が経済的になります。

故障車の場合、どこに故障を抱えているかによって買取価格は大きく変わってきます。エンジン本体に故障を抱えて自走できない状態は不動車と同じ扱いになりますが、電気系統や足回りなど部品交換で走行可能な車種ならば比較的高値で買取が可能です。

しかし架装部分の故障(クレーンが作動しない、ダンプアップ機能が動かない、など)の場合、状況によっては架装専門の特殊部品が必要となり、修理にも時間がかかることから大きなマイナス査定につながる可能性があることも考慮しておいてください。

新興国へ輸出できる不動車のパーツ

 不動車はこれまで廃車にするしか方法がなく、廃車手続きにも費用が発生しましたが、現在は不動車でも買い取る業者があり、最悪、廃車の場合でも廃車専門業者のなかには手数料、引取料無料で行うところもあります。

フレームまで損傷してしまった事故車、エンジン本体が修復不可能な故障車も不動車に入りますが、フレームが損傷していてもエンジンは好調、エンジンが修理不可能でも足回りは健在、というケースがあります。

このような場合、車両は廃車扱いになりますが、使えるパーツに買取価格がつくことがあります

これらのパーツは中古トラックを輸出している新興国で高いニーズがあるので、たとえ廃車同然のトラックでも業者からは十分に商品価値を見出だせる場合があるのです。

事故車、故障車、不動車を所有している人は、即、廃車扱いせずに一度、中古トラック買取査定専門業者に相談することをお勧めします。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!