良いトラック買取業者の選び方

良いトラック買取業者の選び方

 中古車の買取査定業は1990年代後半、新車登録台数を中古車登録台数が上回った社会情勢を背景に隆盛しましたが、業界が新しいことから社会規範の統一性がなく、業者のモラルに大差があることからさまざまなトラブルが国民生活センター(消費者センターとも呼称)に寄せられてきました。

強引な買取方法が最大のトラブル要因であることから、現在、特定商取引法が一部改正される見通しで、改正後は、「買取査定業者は出張査定の訪問先の現場で買取の勧誘をしてはならない」「勧誘に関しては再度、別の機会に約束を取ってから訪問しなければならず、消費者が断った場合は1年間、再勧誘を禁止とする」「8日間のクーリングオフを設け、その間、売主は売却した車の所有権を主張できる」という条文が加えられる予定です。

中古トラックの買取査定業務は普通自動車の買取ほどトラブルが出ているわけではありませんが、それでも実際の査定、あるいは引取の段階になって諸条件の食い違いというトラブルが発生しています。

こういったトラブルを発生させないためには良い業者を選ぶことが最善の方法ですが、その業者を選別することはけっして容易なことではありません。

自動車関連の認可されている団体への加盟状況

 良い業者の判別が難しいなか、ひとつの目安となるのが各種団体への加盟状況です。

たとえば一般財団法人日本中古自動車販売協会連合会(以下、JUと略)は通商産業・運輸両省の認可を受けた団体で、中古車の取引慣行において適正化を図るなど業界の指導的役割を果たしていますが、売却先に選んだ業者がこのJUに加盟していれば大きなトラブルが起こる心配は軽減されます。

JUは地区ごとに分かれていますが、基本的に加盟するためには保証人、推薦状が必要となり、さらに公正取引推進誓約書を提出する義務が生じます。これらの手間をかけてまでJUに加盟する業者は信頼性の高さをアピールしているといえます。

買取だけでなく販売も兼ねている業者の場合、一般財団法人自動車公正取引協議会に加盟していることも安心材料につながります。

この団体は消費者庁・公正取引委員会に認可されており、主な業務のなかには規約の適用を受ける事業者の規約遵守状況の調査、規約違反の事業者に対する是正の措置があります。公取協会員になれば会員証を掲げることができ、公正な取引を行っている販売店という信頼性を一般消費者にアピールできます。

これら以外にも一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)や優良な事業者だけを会員として中古車流通業界の質を向上させようという趣旨の日本自動車流通研究所(JADRI)などがあります。

売却先に迷った時は、中古トラック買取査定業者がこれらの団体に属しているかを確認するのも、良い業者を選り分けるひとつの方法です。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!