中古トラック買取.jp > 重機の形状別解説の目次ページ

重機の形状別解説の目次ページ - 重機の解説

重機の形状別解説【目次】

 重機とは土木・建築に使われる機械の総称で建機とも呼ばれています。東日本大震災復興作業の継続や2020年東京オリンピック関連の建設があることから重機の需要は今後、大きく伸びていくことが予想されています。

こちらのページでは重機の形状を分類して詳しく解説しています!

重機というと大型の土木・建設機械が想像されがちですが、ミニショベルや平ボディに搭載された積載型クレーンなども広義では重機の一部になります。

大型になると道路運送車両の保安基準を上回る重機もあり、公道を走行することはできませんが、現場での稼働率は高く、長期の土木・建設現場で活躍しています。

トラックのシャーシに建設機械を装備した小型・中型の重機は主に架装メーカーによって製造されていますが、大型の重機、またはミニショベルなど専用重機は重機専門のメーカーによって製造されています。

重機は用途が限られているため、最近では経費節減を目的としてレンタル機を活用することが主流となっています。用途に合わせた重機を選ぶためにも形状や大きさを理解して、円滑な土木・建築作業に役立てましょう。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!