中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の疑問・質問【目次】 > 中古トラックの査定時に必要な書類は?

中古トラックの査定時に必要な書類は?

中古トラック査定時に必要な書類は?

 所有している中古トラックの査定依頼を中古トラック買取査定業者へ行う場合、最初はオンライン、電話、FAXとなりますが、この段階で必要な書類は車検証だけです。(例: トラック王国

記入項目はとても簡単で、ほとんどの業者がメーカーや車種名、形状(平ボディやダンプ、ローダーなど)、型式や年式を記入する形になっており、加えて走行距離が必要になりますので、予め所有している中古トラックの走行距離を調べておいてください

最初の査定は機械的に算出された査定価格です。実際に車両を詳しく調べてから買取価格が算出されるので、業者が提示した機械的な査定価格に興味を持ち、交渉する段階から実際の査定に入ります。

業者によって実際の査定は変わってきますが、この時に必要となるのは車検証と自賠責保険証です。

これらは公道を走れる認可が取れていることを確認するための書類となります。また定期点検整備記録簿があるとプラス査定になるので、所有している人はこれも必ず用意しておいてください。

定期点検整備記録簿とは12ヶ月点検、24ヶ月点検など法定点検を行った時の内容を記録してある用紙です。

過去にどのような箇所が故障したか、どのような消耗品を交換したか、といった点検や修理の履歴が分かり、今後、どのような消耗品を交換すれば良いか、次の定期点検の時期はいつか、など購入後の整備にも役立つ書類です。

業者が再販する際にも定期点検記録簿があると販売価格を高く設定できるので、この書類があるだけで買取価格が高く提示される可能性があります

売却予定の人は名義変更のための書類も用意

 中古トラックの場合、実際の査定終了後、買取価格が提示され、売却主がその価格で納得すれば即現金化車両引取という商談が慣例となっています。

したがって実際の査定の段階で売却する意思がある場合、名義変更に必要な書類も用意しておけばスムーズかつスピーディな取引が完了します。売却側が用意する書類は車検証、自賠責保険証に加え、納税証明書、印鑑証明書です。

リサイクル料を支払い済みの場合はリサイクル券、車検証の所有者記載住所と現住所が異なる場合は商業登記簿謄本または住民票が必要です。リサイクル券に関しては紛失の場合、再発行が行われません。

リサイクル料を支払っていれば自動車リサイクルシステムのオンラインからダウンロードできる「自動車リサイクル料金の預託状況」をリサイクル券に代用できます。

そのほか譲渡証明書、名義変更代行には委任状が必要ですが、どちらも業者側が用意しているので、その場で記入、実印を押せば取引完了となります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!