中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の疑問・質問【目次】 > 壊れた中古トラックは買取できる?

壊れた中古トラックは買取できる?

壊れたトラックでも買取できる?

 中古トラック買取査定業のほとんどは壊れた中古トラックでも買取を行うと表記していますが、やはり損傷の度合いにもよります

損傷から放置状態となり、走行不可能なだけでなく部品取りとしても利用価値がほとんどない車両に関しては買取不可能、買取が行われても極端に買取価格が低いことを想定しておく必要があります。

単独事故でボディに損傷を起こした、という程度の場合はまったく問題なく、どの業者も買取を行います

ボディ損傷は査定時にマイナス評価となりますが、トラックの場合、フレームが頑丈に作られているのでボディだけの損傷は買取価格を大きく下げる要因にはなりません

また乗用車の場合、フレームまで達した事故車やボンネット内部まで水が達した水没車は買取対象とはなりませんが、中古トラックの場合、車両規定の緩い新興国へ輸出するという再販方法があるので、事故車や水没車でも買取を行ってくれます。

損傷箇所の修理は必要なし

 また走行不能になるほどのエンジンの損傷、シリンダーブロックの亀裂やミッションの摩耗などの場合でも、足回りのサスペンション、ホーシング、ドライブシャフトや内装類などが部品として再利用できるので、これらの損傷でも買取を行います。ただし、買取のために故障箇所を直すのは得策ではありません。

走行不能車は程度に合わせて買取価格が決まるので、損傷状態によっては修理価格の方が買取価格よりも高くなってしまうからです。

とくにトラック王国のような大手買取査定業者の場合、自社で整備工場を所有しているため損傷箇所の修理を行うことができるため、売却主が出した修理費用よりも安く修理することができます。

したがってこれらの損傷がある場合、修理せずに大手の修理工場を所有している業者へ売却した方が高い買取価格を提示される可能性があります。

故障箇所で買取価格の差が出るのは架装部分です。

ダンプアップ機能やセルフローダーのアウトリガなど、一般的な機能の故障に関しては部品も手に入りやすく業者の修理工場で修理もしやすいのですが、ローリーなど特殊架装車になると、架装メーカー独自の部品を使っている場合があり、また修理も専門的になってきます。

したがって業者のなかでも特定の架装メーカーに強いところと弱いところがあるので、特殊架装が故障した場合の買取は修理工場を持つ大手業者複数に査定依頼することをお勧めします。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!