中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の疑問・質問【目次】 > どんな中古トラックでも買取できる?

どんな中古トラックでも買取できる?

どんな中古トラックでも買取できる?

 中古トラック買取査定業者によって異なるので一概に、どのような中古トラックでも買取が可能とはいえません。また「どんな」種類、「どんな」車両状態によっても異なってきます。

種類に関しては、平ボディやバン、ウイング、冷凍冷蔵車、ダンプといったスタンダードなタイプに関する限り、どの業者も買取を強化しているので必ず買い取られます

またセルフローダーやクレーン車といった架装メーカーによる製造車も人気車種であり、タンクローリーやパッカー車など特殊架装車も新興国での需要が高いので、海外に流通ルートを持っている業者は必ず買取を行います。

これら人気のある中古トラックに買取の問題はありませんが、買取価格においては業者間で違いが出てきます

業者の多くは国内と海外に独自の販路を持っており、それぞれのニーズに合わせて買取価格を提示してくることがその理由なので、人気車種のトラックは複数業者への査定依頼をお勧めします。

大型トラック、セミトレーラーに関してもほとんどの業者が買取を行いますが、やはりこのタイプで問題となるのは業者間の価格差です。

大型トラックの場合、走行距離や年式、状態にもよりますが、海外の再販ルートは東南アジア系よりも中東やアフリカ系に流通することが多いため、業者の持つ海外流通ルートの違いがそのまま買取価格に反映します。

損傷の激しい車両は業者に相談を

 また大型トラックは買取価格が絶対的に高額になるので、小規模業者の場合、即金払いという中古トラック買取の定番サービスが行えない可能性もあります。

大型トラックやセミトレーラーなど大型車を売却する場合は大手業者を中心に査定依頼することをお勧めします。

車両状態に関しては、ほとんどの業者がどのような状態でも買取可能としていますが、やはり業者によって違いがあるので査定依頼の時に確認を取る必要があります。

廃車同様、車検切れの中古トラックが海外、新興国へ売却できるのは走行できれば十分、走行不可能でもパーツ取りとして利用できるからです。

したがってパーツ取りも不可能なくらい損傷している中古トラックの場合、買取価格はほとんどつかない、と思った方が間違いありません。

また業者によっては買取価格を提示するものの、車両引取費用や廃車手続き費用を設定して、買取価格と相殺するところもあります。

損傷の激しい中古トラックを売却する際、提示された査定買取価格、車両引取料や廃車手続き料等の有無、現場での減額有無などを事前に業者へ確認してください。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!