中古トラック買取.jp > 中古トラック買取の疑問・質問【目次】 > 売却の際の名義変更や一時抹消などの手続きは代行してもらえる?

名義変更や一時抹消などの手続きは代行してもらえる?

名義変更や一時抹消の手続きは代行してもらえる?

 ほぼ、すべての中古トラック買取査定業者が代行してくれます。逆に代行を履行しない、あるいは代行に関して手数料を取るような業者への売却は避けたほうが賢明です。

名義変更、登録抹消の手続きは代行してくれますが、必要書類に関しては売却主本人でなければ用意できないので、売却交渉がまとまったら早めに書類を完備しておいてください。必要な書類は以下のようになります。

自動車検査証

 車検証です。車両の登録番号や所有者、使用者の氏名、住所等が記載されており、売却に際してもっとも重要な書類です。

所有者と使用者が異なっており、所有者がローン会社、販売店の名義になっていて、すでにローンが終わっている場合はそれぞれの会社に問い合わせ、売却を了承する委任状、所有権解除書類、所有者の印鑑証明書、譲渡証明書が必要になります。

これらの手続きに関しても売却した業者が代行するはずなので、事前に車検証を調べて所有者と使用者の欄を確認しておいてください。

残債がある場合、基本的に車両の売却は行えませんが、中古トラック買取業者側で買取価格から残債を整理するシステムを用意していれば買取は行えます。

自賠責保険証明書

 車両購入時、または車検時において強制加入となっている傷害保険の証明書です。この保険は加入が義務付けられており、加入していなければ公道を走行できません。

証明書がない場合は加入している障害保険会社に連絡して再発行を依頼してください。

自動車納税証明書

 1年間の自動車税を事前に納税した証明書です。この納税証明書がないと名義変更、登録抹消、再車検が行えないので紛失しないように注意してください。

ただし紛失しても納税した税務署に再発行を依頼すれば、その場で再発行してくれます。

印鑑登録証明書

 登録してある実印の証明書です。所在している各市町村役場で発行しています。用意する印鑑証明書は発行から2ヶ月以内であることが求められます。

 売却主側が用意する書類は概ね以上となりますが、名義変更を代行で依頼する場合、委任状と譲渡証明書が必要になります。これらのフォーマットは決まっていませんが、売却主の実印を押さなければなりません。

ほとんどの業者が両方の書類を用意できるので、車両を引き渡す時に記載しても構いませんし、事前に売却する業者のサイトからダウンロードして用意しておくこともできます。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!