トラックを買い替える走行距離

トラックを買い替える走行距離

 トラックの耐用性で重要視されるのが走行距離です。一般的に小型トラックでも20~30万km、大型トラックになれば80~100万kmは走行可能となっており、中古トラック市場でもこれらの走行距離車は頻繁に売買されています。

したがってトラックの稼働率をギリギリまで求める場合、前述した走行距離まで使用した後に買い換えることが方法のひとつです。

しかしトラックの主要エンジンとなっているディーゼルは理論的に半永久機関といえますが、実際はメンテナンスを行っていても前述した距離まで走行するとオーバーホールの必要性が出てきますし、何よりエンジン以外の部分で劣化による故障、耐用期間を過ぎた部品の交換をしなければなりません。

エンジンは順調に回転しても、それを駆動系に伝えるクラッチやトルコンが滑ってしまえば十分な走行が行えませんし、サスペンションが劣化すれば積載物を安定して運ぶこともできません。

また最近のトラックには電子部品が多く搭載されており、これらはブラックボックス化されているのでアッセンブリ交換(ユニット毎の交換)となります。これらの修理は小さな消耗部品の交換と違い、高額修理となります。

売却する前は桁超え前に

 一般的にトラックのメーカー保証は小型トラックで概ね10~15万km、大型トラックで50~60万kmとなっています。前述した距離の約半分で、この走行距離の間は大きな修理を必要としない設計であるからこそ、各メーカーが保証期間としているわけです。

もちろん車両個体によって当たり外れはありますが、小型トラックの10~15万km、大型トラックの50~60万kmまではメンテナンス費用だけが必要経費と想定することができるので、この走行距離に達した時も買い替え時期の目安といえます

買い替えの際、ディーラーへ下取りに出すか、または中古トラック専門の買取査定業者へ買い取りを依頼するか、どちらかの方法になりますが、いずれにしろ、走行距離が2倍になっていれば当然、下取り価格、買取価格が一気に下るのは明白です。

したがって走行距離で買い替えを検討するならば、車両が良い状態の時に高く売却するか、それともメンテナンスコストを高くしても稼動させて安く売却するか、どちらを優先するかによって決まります。

ちなみに中古トラックの買取業者へ売却する時はできるだけ桁が上がる前、たとえば19,8000kmで査定依頼することをお勧めします。

2,000km違うだけですが、200,000kmと桁が上がるだけで査定価格が落ちてしまいます。スーパーの商品価格と同じ原理が働くと思ってください。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!