オートマチックかマニュアルか!?

オートマチックかマニュアルか?

 トラックのトランスミッションといえば、かつてはマニュアルが一般的でしたが、現在はトラックのサイズに関わらずオートマチックが増えています。

オートマチックは2ペダル操作でシフトチェンジも必要ないため、運転の疲労を軽減させるトランスミッションとして普及しましたが、その反面、燃費効率が悪い、耐久性がないといったデメリットを持っていました。

しかし最近はDレンジに入れておくだけで自動的にニュートラルポジションへ移行するタイプやクラッチを備えたロックアップ機構付きも増え、デメリットを解消しています。

オートマチックには機械式セミオートマチック、CVTなどもありますが、ここでは一般的に使われているトルクコンバーター付きオートマチックについて説明します。

トルクコンバーターはエンジンとトランスミッションの間についており、エンジン側の歯車(タービン)とトランスミッション側の歯車(ポンプ)、それぞれに専用のオイル、その中間の歯車(ステータ)で構成されています。

エンジンをかけるとポンプが回り、オイルを循環させます。そのオイルの粘性に合わせてタービンが回り中のオイルが循環してトランスミッションにトルクを伝え、エンジン回転が早くなるとステータが回転してトルクを増幅します。

したがってエンジンが回っていればアクセルを踏まなくても前に進むクリープ現象が起きるのは、両方の歯車が低回転でトルクを生み出しているからなのです。

ポンプの回転からタービンの回転まではオイルの粘性から「すべり」という時間差が生じます。これがオートマチックにおけるギアチェンジの際のタイムラグになります。

オートマチックは燃費が悪いという根拠は、この「すべり」によるパワーロスが最大の原因と同時に、トルクコンバーターはギアチェンジの回転域が決められているので一定の回転域にならないとギアチェンジを行えないことが理由として加えられます。

これに対してマニュアルミッションはクラッチでエンジンパワーをギアに伝え、任意でギアを選ぶことができるのでパワーロスが少なく済むため、燃費効率が良くなります。

しかし現在のトルコン付きオートマチックは多段式にしてできるだけ燃費効率の良い回転域を確保したり、クリープ現象の「すべり」を自動的に停止させる機能やクラッチを設けたりして燃費効率を高めるシステムを採用しています(その分、車重が増えることも事実です)。

したがって燃費効率で選ぶならマニュアルミッション、多少、燃費効率が落ちても運転の容易さで選ぶならオートマチックということになります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!