トラックの買い替え時期

トラックの買い替え時期

 トラックを買い換える際、効率的な方法として長期的視野短期的視野の大きな2つの条件があり、それぞれに細かな条件があります。

長期的視野に立った場合

 長期的視野では高い売却価格を求める場合と、修理費と稼働率のバランスが崩れた場合の2通りの条件があります。

トラックはエンジン、ボディともに頑丈に作られているので登録年度から5~7年経過した段階でも故障はほとんど発生せず、しかも高年式ということで高値取引が行われています。

新車のトラックに買い換える場合、ディーラーへ下取りに出すのは定番ですが、査定価格と新車の値引きの合計がどのくらいの額になるかを確認、合わせて中古トラック買取査定業者に査定を依頼して買取価格がどのくらいの額になるのか、こちらも確認してください。

中古トラック買取査定業者によっては、新車の値引きと下取り査定価格の合計よりも高い買取価格を提示する場合があります。

トラックは頑丈に作られていますが、やはり経年劣化は避けられません。低年式車になるほどエンジンは正常でも電気系統を始めとする消耗品の交換が必要になり、当然、その間は修理工場に置かれて稼動できません。

修理費がかさみ、稼働時間が低くなるほど非効率的になります。走行距離50~60万kmあたりから稼働率と修理費の収支バランスが崩れ始めるので、この時期に差し掛かったら買い替えの時期といえます。

短期的視野での買い替え時期は、やはり3~4月、自動車税を払う前です。この時期を過ぎて5月に買え買えを行うと新車の自動車税は6月からの年度分となりますが、下取り車については5月の1ヶ月分を支払わなければなりません。(トラックにかかる税金)

継続して新しいトラックを使えるならトータルで自動車税の課税金額は変わりませんが、それだけ煩雑な手続きが必要になります。

また下取りではなく買い取りの場合、業者によっては自動車税の払い戻しを含む金額として買取価格を提示してくる場合があります。その金額から払い戻し金を差し引いて、妥当な買取価格であることを必ずチェックしてください。

短期的視野でもうひとつの買い替え時期は業者の決算期です。日本の企業の多くは3月と12月に決算を行いますが、当然、買い取り業者は資産として在庫を増やしたいし、メーカーとしては在庫を処分したがります。

したがって買い取り、販売ともに熱心な営業をかけてくるので中古トラック所有者に取っては年間のうちでもっとも売り時、買い時の季節となります。

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!