トラックの買い替えででる補助金

トラックの買い替えで出る補助金

 トラックを新車購入する際、さまざまな機関から各種の補助金が出ます。

ただし予算枠が限られているので、普通乗用車のエコカー減税のように長い期間ではなく、短い申請期間で単発的に行われ、告知も一部であっさりと表記されるだけなので関係機関を注視する必要があります。

国土交通省はこれまでにトラックの補助金交付をいろいろ実施しており、最近では「平成26年度(2014年)自動車運送事業用車両の環境対策車導入に係る補助金制度」を行いました。

予算額は5.3億円で、補助対象車はCNGバス・トラックハイブリッドのバス・トラックとなり、経年車(2014年の段階で登録年度から11年経過した車両)の廃車を伴う新車購入の場合は通常車両価格との差額の1/2、または車両本体価格の1/4、新車のみ購入の場合、通常車両価格との差額の1/3、または車両本体価格の1/4となります。

受付期間は9月1日~9月30日までとなっており、本年度は間に合わない人もいますが、この補助金制度は将来的にも継続すると想定されているので、国土交通省のホームページを見逃さないようにしてください。

国土交通省のその他の補助金制度としてはトラック輸送の省エネ対策の推進(燃料費高騰対策)として「先進環境対応型ディーゼルトラック及びエコタイヤの導入に対する補助」がありましたが、これは申請する対象が多いことから早々に募集を閉め切っています。

こちらの補助金も翌年に期待したいところです。

新車購入以外の補助金制度

 新車の購入ではありませんが、安全対策や環境保全のための補助金制度もあります。たとえば公益社団法人全日本トラック協会では「アイドリングストップ支援機器導入促進助成事業」を行っています。

アイドリングストップ支援機器とはトラックが休憩中や荷役作業中にドライバーがエンジンを止めても快適に過ごせる機器のことで、エアヒーターや車載バッテリー式冷房装置があります。

これらの機器に対する助成金は取得価格の1/2以下ですが、アイドリングストップは燃費や環境にも大きく影響を及ぼすので利用する方が最終的に経済的といえます。

また国土交通省では「事故防止対策支援推進事業(運行管理の高度化に対する支援等)」を行っており、この事業では運転による過労を防ぐ観点からドライブレコーダー、事業主が遠隔地からドライバーの過労状態を測定する機器などの補助金が交付されます。

これら補助金は年間を通じている場合と申請期間を設けている場合があり、各機関のホームページ上で告知されるので確実に申請できるよう、日頃からチェックすることをお勧めします

トラックを高く売るためには、
複数の買取業者間で
価格競争させる!

 トラックを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!必ず2社以上に査定依頼をして、その後実際に来てもらって最終的な買取価格を出してもらいましょう!最終的な買取価格同士を交渉すると買取価格がさらにUPします!

トラック王国
創業17年を超えた老舗のトラック買取業者です。長く愛されている買取業者だけあって、査定実績は業界NO.1です。さらに満足度90.3%とスタッフの対応も申し分ありません。日本全国対応査定完全無料ですので、トラックを売りたいなら外せない買取業者です。
1069堂(トラック堂)
1069堂の強みはスピーディーさにあります。どんなトラックでも即日現金買取が可能で、最短10分のスピード査定を行います。もちろん高価買取にも自信をもっていますので、魅力的な買取業者です。
入力は3分で終わります。どのような年式・状態のトラックでも価値がありますので、一度は査定依頼をしてみましょう!